食べてはダメ!ブクブク太る食べ物【東大ドクター 森田敏宏】

今日は、食べてはダメ!ブクブク太る食べ物という話をします。

私が提唱している食事法では「糖質はあまり摂らないようにしましょう」とお伝えしています。

こういう話をすると「糖質制限ダイエットですか」と聞かれることがあります。
近年この”糖質制限ダイエット”の認知度が高まってきましたが、私は別に「糖質を取らないようにしましょう」と言っているわけではありません。

それについて少し説明をしていきたいと思います。


糖質とは何か

まず「糖質とは何か」ということですが、これは炭水化物の中で食物繊維を除いたものを糖質というふうに定義されています。

簡単に言うと「糖類」です。
糖類全般ということになります。
栄養学的には炭水化物です。

要するに主に糖類ですが、これを6割ほど摂りましょうというのが推奨されているわけです。
6割というのはかなり大きい数字だと思います。
それを達成するために、ご飯などたくさん食べるということをしていいのかということなのですが、実はここに罠がありまして、ほとんどの食品に糖質が含まれているのです。
例えば、すき焼きは、砂糖が入っているので甘いです。

かぼちゃの煮物も、甘い味付けをしていたら砂糖が入っています。
卵焼きも塩で味付けする場合もありますが、甘い卵焼きだったら砂糖が入っています。
多くの加工食品にも、甘い味をつけるために糖質が含まれています。

ほとんどの食品に含まれている糖質

そのように見ていくと、ほとんどの食べ物に糖質が含まれているので、わざわざ、ごはんをガッツリ食べなくても十分取れます。

「あえて積極的に摂る必要ありませんよ」「控えめにしているくらいでも実は十分取れていますので、糖質は控えめにしましょう」と私は提唱しています。
みなさんも成分表示など出ているものをよく見ていただくと分かります。
かなり糖質が含まれていますので、注意していただくといいでしょう。
それだけでもかなり糖質の摂りすぎを抑えることができますから、今までダイエットできなくて悩んでいる人などは、かなり改善するのではないかと思います。

血糖値が上昇しやすい原因

もう1つ大事な点として、精製された白い炭水化物は控えた方が良いということです。
これも最近よく言われている話なのですが、血糖値が上昇しやすいです。

例えば、お米も「玄米」と「白米」があります。
私の実家は米屋をしていたのでよく知っていますが、米屋に最初に運ばれてくるお米というのは玄米の状態なのです。
玄米を精米して周りの部分を取り除く作業をします。
それが取り除かれた部分が「ヌカ」と呼ばれるものです。
私は子供の時はヌカというのは不要なものなんだと、中の白いお米だけ必要なものなんだと思っていましたが、実はそうではないのです。
外側の部分にいろいろな栄養素が含まれていますし、血糖値の上昇を抑える効果もあるので、昔の日本人はそれを食べていたため、あまり糖尿病などになる人もいなかったのです。

ところが精製されて中の白い部分だけのお米、あるいは他の炭水化物もそうですが、そのようなものばかり摂っていると、インスリンがたくさん分泌されて、血糖値が上昇してしまい、結果的に太ることになってしまいます。
ですので、なるべくそのようなものを食べることを避けたほうがいいですが、いつも玄米を食べたらいいのかというと、なかなかそうもいかないと思います。

太るのを抑える食べ方とは

外食などしてもほとんどの場合、白いお米が出てきますので、それを食べざるをえない場合が多いと思います。
そういう時にはどうしたらいいかというと、これも工夫次第で血糖値の急上昇を抑えることができます。

その方法は、GI値の低いものを先に食べるというやり方です。
野菜とかタンパク質など、GI値の低いものを先に食べて、その後で炭水化物などを摂った場合には、血糖値の上昇が緩やかになるということが研究でもわかっています。

ですから、食事の順番を気にすれば、血糖値の急上昇は防ぐことが出来ますので、そのあたりを工夫されると良いでしょう。

健康的にダイエットできる方法をもっと知りたい方は、こちらの記事も合わせてご覧ください。

なぜ、簡単にダイエットができるのか?【東大ドクター 森田敏宏先生が教える】

◯◯を飲むだけ!簡単ダイエット【東大ドクター森田敏宏先生が教える】

ダイエットでよくある勘違い トップ3【東大ドクター森田敏宏先生が教える】

 

ブレインヘルスでは、日常生活を見直し、血糖値の上昇を防ぐ食事法を学ぶことが出来ます。

『パーフェクト・ブレインヘルス』1Day体験セミナー&説明会

  【東大ドクターが開発した“真の健康法”】 『パーフェクト・ブレインヘルス』   1DAYセミナー体験会のお申し込みは今すぐどうぞ。  

▼ ▼ ▼ ▼