加圧トレーニングは毎日やっても大丈夫?

今日は、加圧トレーニングは毎日やっても大丈夫?という話をしたいと思います。

加圧トレーニングは、特製のベルトを腕や足の付け根につけて、血流を適度に制限した状態で行うトレーニングのことを言います。

本来、運動中というのは筋肉に大量の血液が流れ込むのですが、それが制限されることによって、筋肉が軽い負荷なのにきつい運動をやっているような状態になります。

結果的に、軽い負荷で筋肉をつけることができるのです。

極めて効率の良い効果的なトレーニング方法なのですが、この加圧をやっている方からよく受ける質問があります。

「加圧は毎日やってもいいのですか」という質問です。
この質問を、非常に頻繁に受けます。
この答えですが、答えは程度によります。

運動の程度によるということです。

それについて詳しく解説していきます。


ハードなトレーニングの場合

まず普通の筋トレについて考えてみたいと思います。

普通の筋トレは、筋肉をつけるためにはかなりの負荷をかける必要があります。

ボディービルダーがやるようなハードなトレーニングをすると、筋肉の細胞がダメージを受けるのです。
そのダメージを受けた細胞が修復される過程で、筋肉細胞が大きくなってだんだん筋力もついてくるというのが通常の筋トレの場合です。

ですので、ハードなトレーニングをしたら、筋肉が修復するまでの間、休ませた方がいいということになります。

通常大体のきついトレーニングは週2回くらいやるのが一般的です。
ボディビルなどはもっとハードにを追い込むので、追い込むっていうのは筋肉に、負荷をかけるので、同じ部位を週に1回しかやらないというパターンもあります。

そのくらい筋肉に負担をかけるわけなのです。

軽いトレーニングは毎日OK

そういう運動は休息インターバルが必要になるのですが、軽い運動であれば毎日でもできるのです。

例えばウォーキングのような運動は、筋肉にダメージはありませんから、皆さん毎日歩くことができるのです。

そういう軽い運動は、毎日できます。

トレーニング

でもきつい運動など、筋肉がダメージを受けるようなものは、筋肉を休ませる期間が必要になるわけなのです。

基本的な考え方としては、加圧トレーニングの場合も同様です。
かなりハードにトレーニングをやって、腕や足がパンパンになって、終わった後も力が入らないような状態になったとします。
そういう場合は、また次の日もやるというのはおすすめできません。

数日間休んで回復するのを待った方がいいと思います。

加圧と通常のトレーニングの違い

ただ、加圧と通常のトレーニングでは少し違いがあります。

それは何かというと、加圧の場合は負荷が軽いので、筋肉の細胞がダメージを受けにくいのです。

トレーニング中は、乳酸血流が制限されて乳酸がどんどん溜まってきつい感じがするのですが、実際の負荷は非常に軽いので、実は筋肉の細胞はダメージをあまり受けないのです。

ですので、連続してトレーニングをやることも可能ではあります。

例えば、2週間で日曜日以外月曜日から土曜日まで、毎日加圧をしたところ、わずか2週間で8%筋肉量が増えたと、このようなデータもあります。
ですから加圧の場合は、よほどハードにあってもうクタクタになるということでなければ、毎日連続して行うことも可能なのです。

この辺りはどうやって見極めるかということですが、自己流でやるのはやはりおすすめできませんので、なるべく専門家に相談していただきたいと思います。

専門的な知識があれば、自分で判断できると思いますが、そういう人は少ないと思いますので、専門のトレーナーやドクターに相談をしながら、やっていただいた方がいいと思います。
ですので軽い運動であれば毎日やっても大丈夫です。
ただ、ある程度慣れてからにした方がいいですし、なるべく専門家に相談してからやっていただくようにした方がいいと思います。

 

加圧トレーニングのその他の効果を知りたい方はこちら!

若返り効果抜群の加圧トレーニング

 

 

ブレインヘルスでは、運動や食事を適切に取り入れ、毎日を健康に過ごす方法を学ぶことが出来ます。

『パーフェクト・ブレインヘルス』1Day体験セミナー&説明会

  【東大ドクターが開発した“真の健康法”】 『パーフェクト・ブレインヘルス』   1DAYセミナー体験会のお申し込みは今すぐどうぞ。  

▼ ▼ ▼ ▼