東大ドクターが教える!潜在能力を発揮する たった1つのポイント!

今日は潜在能力を発揮するたった1つのポイントという話をしたいと思います。

さて仕事、勉強、スポーツなどでもっと能力を高めたいとか成果を出したいと思っている人は少なくないと思いますが、ほとんどの人がそう思っていると思います。

ではどうすればできるのかということを考えてみたいと思います。


潜在能力を発揮するたった1つのポイント

そのためには大事なポイントがあるんですが、それはやる気を高めるということです。

やる気がなくて高い能力を発揮する人というのはあまりいないと思います。

よほど才能に恵まれてる人は別ですが、やる気を出して集中力を高め、初めて成果が出てくるわけです。

ですからまず、やる気を高める必要があります。

やる気がある状態というのは脳の中で、やる気のホルモンと呼ばれるドーパミンが出ている状態、ドーパミンの分泌が増えている状態です。

ではどうすれば、やる気のホルモン、ドーパミンを増やせるのかということを考えてみましょう。

行動を分割する

まず、一つ目のポイントは行動を分割して、集中できる最小単位にするということです。

これはどういうことかと言いますと、例えば300ページの本を一気に読もうと思うと、見ただけでちょっと嫌になってしまいます。

やる気が落ちてしまうわけです。

しかし、同じ内容でも10ページだけだったら、集中して読めるだろうというふうに思うわけです。

この時点で、既にやる気の出方、やる気のホルモンの出方が変わってしまうわけです。

ですから、300ページ集中してぶっ続けで読むことはできないと思いますが、集中できる最小単位、仮に10ページなら10ページ集中しよう、という風に考え方を切り替えるだけで、やる気のホルモンの出方が変わってくるわけです。

そしてさらに自分へのご褒美を用意します。

ご褒美を用意するとまたやる気のホルモンが出るわけです。

ご褒美を貰える事を目指してやる気を出すということを加えるとさらにやる気を出すことが可能になります。

本当にやりたいことをやる

そしてもう1つ、もっと大事なポイントがあります。

それは自分が本当にやりたいことをやるということです。

これが一番重要なポイントだと思います。

よく潜在意識とか顕在意識なんていう言い方をしますが、自分が心の底でどういうことを考えているのか、これに気づいてない人が多いですね。

自分がやりたいことだと思ってやっていることが、実は心の底から望んでいないということがあります。

例えば、親から小さい頃に言われて勉強して一流大学、一流企業に入ったという方もいると思います。

お医者さんになったとか弁護士になったとか、実は自分が望んでなったのではなくて、親から言われたり、親から仕向けられてそういう風になってることが多いです。

これが良いか悪いかは別問題ですが、もしそれを自分が望んでいないとやはりやる気が出ないです。

ですので、自分は本当は何をやりたいのか、本当にやりたいことは何なのかということを自問自答するのがいいと思います。

これはリラックスした状態で自分自身に問いかけるのがおすすめです。

で、本当にやりたいことを見つければ、自分が本当にやりたいことなら自然とやる気が出てくるわけです。

何もいろんな工夫をしなくても自然とやる気が出てきます。

これがやる気を出すための最も重要なポイントであり、やりたいことをやっていけば自然と自分の能力を発揮することができます。

是非、自分が本当にやりたいことは何なのかということ、もう一度じっくり自分に問いかけてそれを見つけて、それに集中するということをやっていただけると良いと思います。

ブレインヘルスではあなたの能力を高め成果を上げるための方法を学ぶことが出来ます。

是非、ご参加下さい。