あなたも天才になれる!たった一つの方法を東大ドクターが教えます!

今日はあなたも天才になれるたった一つの方法という話をしたいと思います。

藤井聡太さんという棋士をご存じでしょうか?

史上最年少で棋聖というタイトルを獲得しました。

デビュー当時から連勝記録を更新したりとか華々しい活躍をしていましたけども、まさに天才と呼ばれるような存在なわけです。

他にも色々、天才と言われる人がいますね。

例えばスポーツ界では、もう引退しましたけどイチロー選手、他にも大谷選手も天才と言って良いでしょう。

では、こういう人たちの共通点は何でしょうか、これを考えてみましょう。


天才の共通点

この共通点を聞くと意外と思われるかも知れませんが、目標に向かって一歩一歩努力したということなんですね。

天才と聞くと、何にも練習しなくても野球が上手いとか将棋が強いみたいな風にイメージしがちですけども、実はまったくその逆です。

イチロー選手はいろんな名言を残しています。

例えば

夢をつかむというのは一気にはできません。

小さなことを積み重ねることでいつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます

と話し手いるわけなんですね。

つまり、天才というのは何もしなくてすごい結果が出せるわけではなく、

一つの目標に向かって一歩一歩努力していった結果、他の人が到達できないようなレベルまで到達した。というのが天才ということになります。

天才になる為の方法:目標を設定する

具体的にどうすればいいかという話ですが、まずは目標を設定する必要があります。

目標を設定して、そこから逆算していくという作業が必要になってきます。

イメージとしては、目標地点があって現在地がから、どうやってこの目標まで到達するかということですね。

この目標は、1日や2日で達成できるようなものではないですから、当然すぐには行けません。

中間の目標やちょっと小さい目標などを立てましょう。

目標から逆算して、いつまでにどの時点に行けばいいかということを考え、どうやって最終的に目標地点まで行けるかということを考える必要があるわけです。

例えば、 TOEIC の試験などの場合は比較的この逆算がしやすいです。

私は一人戦略会議という方法をお伝え、オススメしていますが、一人戦略会議をやるにあたってエクセルを使って、プロジェクトシートというのを作ることをオススメしています。

プロジェクトごとにシートを作ります。

例えば12月に TOEIC の試験を受けるとした場合、参考書とか問題集をいつからいつまでにやるという風な計画を立てるわけです。

そうすると1日に何ページぐらいやればいいかといったことが逆算して決まってきます。

今日は参考書10ページやるとか、明日は問題集を5ページやるとか、そういうことが決まってくるわけですね。

後はそれをコツコツと進めていくということになります。

とはいえ、実際にはそれが順調にいくかと言うと順調にいかない時の方が多いわけです。

一直線で目標に到達できるということはまずあり得ないです。

予定よりも進まない、捗らないとか、思ったほど成績が伸びないと言ったような問題が起きてきます。

じゃあそこでどうするかということですが、例えばこの段階で模擬試験を受けます。

模擬試験を受けて、その結果が悪かったとします。

例えば単語力が弱いという結果が分かったとしたら、単語力をつける必要ありとか、シートの中に記入するわけです。

これはごくごく簡単に分かりやすくした例ですから、実際はもっと複雑になりますが、プロジェクトを進めていく過程で何かしら問題とか課題というのが生じてくるわけです。

それをクリアしないと目標に向かっていけないわけです。

じゃあ、どうしようか?と言うのを、この一人戦略会議というのを毎朝行うことをオススメしてるわけですけども、その場ですぐに結論は出ません。

会社の会議でもそうですが、その場ですぐに結論がでたり、良いアイデアが生まれる事というのはほとんどないわけです。

ではどういう時にアイデアが出てくるかと言うと、いわゆる「ふとした瞬間」です。

例えばお風呂に入ってる時とかトイレに入ってる時だったり、あるいは本屋に行った時にふっとこう役に立ちそうな本を見つけたりとか、そういう現象が起きてきます。

アイデアが出てくるのを促すために、この課題を自分の脳にインプットしておく必要があるわけなんですね。

そのために課題をこのプロジェクトシートに記入しておくわけです。

ふとした瞬間にアイデアが手に入り、問題が解決するわけです。

このようにして、思い描いた理想の軌道ではないにしろ、ちょっとずつ目標に向かって進んでいって、やがてそれを続けることによって目的地、目標に到達することができるということです。

どんな目標であっても一歩一歩進んで行かなければ到達することはできません。

それを一足飛びに行けると勘違いしてしまう人が多いですが一歩一歩進んでいくしかありません。

それを誰よりも遠くの目標に到達できた人が天才という風に呼ばれるようになるわけです。

まとめ

天才と呼ばれる人の共通点というのは、目標に向かって一歩一歩努力したということです。

その天才のような結果を残すためには、まずは目標を設定し、目標から逆算する。

そして一歩一歩進んでいくということですね。

実際には順調にいかないので、そんな時には一人戦略会議を行いましょう。

そうするとやがて目標に到達できますよという話をさせていただきました。

ブレインヘルスでは、目標達成の為の方法を学ぶことが出来ます。