NMNサプリの若返り効果は本当に効くのか?

今日は、話題の「NMN若返りサプリ」は効くのかという話をします。

”いつまでも若くありたい!”と思っている人は少なくないと思います。



話題のサプリ「NMN」

特に日本は高齢化が進んでいる中で、いつまでも元気でいたい、若々しくいたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

最近話題になっているサプリ “NMN” ですが、これは「ニコチンアミドモノクレオチド」の略です。

話題のサプリ

“NMN”の働きですが、 体内でこのNAD「ニコチンアミドアデニンジタクレオチド」に変換されます。

NMN

このNADが、次のような重要な働きをします。

・サーチェイン遺伝子(長寿遺伝子)を活性化
・全身の細胞にあるミトコンドリアに働きかけ、生命を維持するた  めに欠かせないエネルギーを尽くし出す

NMNの動物実験で、マウスに投与したところ、メス が16.4%、オスが9.1%の健康寿命が伸びました。

若返りサプリの様々な効果

その他の効果としては、
・若いマウスと同じような代謝機能が保持された
・ 太ることもなく若いときと同じ活発さがある
・ 加齢による骨格筋肝臓脂肪の遺伝子変化が発生していない
・ 老化による目の網膜機能の低下が見られない
・ 老化による免疫細胞の低下が見られない
・ 血糖値を下げるインスリン感受性が高いまま

このようにいいことずくめなわけです。

これを聞いて副作用がないのであれば、ぜひ飲んでみたいと思う人は多いと思います。

動物実験での効果

話題のサプリのメリットは

ですが、マウスで効いたからと言って必ずしも人でも同じような効果があるとは限りません。

こちらはワシントン大学で研究したデータです。

糖尿病予備軍閉経後の女性25人を対象に調査した結果です。

NMNを接種したグループでは
・ 骨格筋における血糖値を下げるホルモンのインスリン感受性が平均25%上昇した
・ 糖を取り込む機能が改善した
・ 血液細胞中のNAD濃度が上昇
・ 筋肉の再構築を促す遺伝子の発現が高まった

ワシントン大学の研究

このインスリン感受性が25%改善するというのは
・ 体重を10キロ減
・ 糖尿病治療薬のトロブリタゾンという薬を12週間投与したときの効果に匹敵する

ということで、かなりの効果が認められたということになります。

ただし、マウスと全く同じ効果が出たというわけではなく
・ 体重減少や血糖値の低下が見られなかった
・ ミトコンドリア機能の改善などの劇的な変化は見られなかった

ということですが、いずれにしてもかなり効果はありそうです。

 

サプリだけで若返る?

このサプリだけ飲んでいればいいのか?ということですが

動物実験では、このサプリを「飲む・飲まない」の二つのグループに分け、それ以外の条件は全く同じ設定にして調べます。

しかし人間の場合は、様々な環境や生活習慣の影響を受けますので一概にこのサプリを飲むだけで良いかどうか言い切れません。

いくら体に良くても、それ以外の生活習慣が体に悪ければプラスマイナス相殺してしまいます。

NADは、NMNサプリを飲む以外に増やす方法があります。

 

それは、「運動」と「空腹」の二つが、NADを増やすサーチュイン遺伝子「長寿遺伝子」を活性化します。

やはり運動や食事は大事です。

サプリと生活習慣との相乗効果

ここで考えられるのは、この両方をすると相乗効果が期待できるのではないかということです。

もちろん運動と適度に空腹の時間を設けるだけでも効果があるかもしれません。

サプリだけでも効果があるかもしれないのですが、両方うまく取り入れると、相乗効果が期待できる可能性も十分あるわけです。

相乗効果

私のおすすめとしては、やはりサプリを摂るだけでなく体にいい生活習慣にするということが大事だと思います。

結論としては、このサプリメントはかなり期待できるのではないかなという印象は持っています。

ですが、「もう少し検証をしていきたい」というのが私の現時点での結論になります。

また今後も、新しい情報が入りましたらお伝えしていきたいと思います。

 

ブレインヘルスでは、脳の機能を高め、体の中から若返るワークを学ぶことが出来ます。

東大ドクター 森田敏宏先生の『脳から健康になる7つの法則』プレゼント

痛くない!疲れない!
東大ドクター 森田敏宏先生の『東大式 最高の健康法』
『脳から健康になる7つの法則』(PDF版)を今なら無料プレゼント
お申し込みは今すぐこちらから!

▼ ▼ ▼ ▼