東大ドクターが教える老化を防ぐ習慣

老化を防ぐ習慣という話をしたいと思います。

私たちは年をとると老化していきます。

みんな同じように年をとっていき、人によって一秒一秒、年を取ることに変わりないわけです。

しかし、あなたの周りに、年齢よりも若く見える人、あるいは年齢よりも老けて見える人はいませんか?

なんで、こんな差があるのでしょうか?

その原因について考えていきましょう。


老化と酸化

老化と関係しているもの一つは酸化です。

酸化というのは何か?というと体が錆びるというようなイメージを持っていただければいいです。

なぜ、そういうことが起きるかというと活性酸素というものが生まれてくることが原因です。

この活性酸素というものが、細胞を傷つけるのです。

それを繰り返すと “動脈硬化” とか “ガン” が起きてくると言うわけです。

それ以外に老化も生じてきます。

この酸化、活性酸素ができるのは、なぜかという話です。

例えば、古い油とか食品添加物の多い加工食品の摂り過ぎ、飲酒や喫煙、ストレスなど、他にも、排気ガスや紫外線など色々な原因あります。

酸化に負けない体質を作る

しかし、この酸化に負けない力をつける方法もあります。

酸化に負けない力のことを抗酸化力といいます。

この抗酸化力を高めるための鍵になるのは“ミトコンドリア”というものです。

ミトコンドリアとは何かというと私たちの細胞の中にあるエネルギー産生工場です。

細胞の中にあるエネルギーを作るところがミトコンドリアです。

このミトコンドリアは酸素を取り込んでエネルギーを作り出しますが、その過程で活性酸素という物質ができてくるわけです。

活性酸素というのは何かというと、ミトコンドリアでエネルギーを作る過程で溢れた電子が酸素と結びついた状態で、本来の酸素よりも電子が余分にくっついて、安定してない状態、不安定な状態の物質です。

この活性酸素が私たちの細胞を傷つけ、DNAを傷つけてしまうわけです。

DNAというのは、私たちの細胞の設計図のようなものです。

この設計図が狂ってしまうと傷ついた細胞が、元通りの形に復元できなくなってしまうのです。

そうすると、ガン細胞になったり、老化したりということが起きてくるわけです。

そこで、活性酸素を増やさない、あるいは活性酸素ができても、それに負けないような体質をつくっていかないといけないのです。

そのためにはミトコンドリアの質を上げ量を増やす必要があります。

ミトコンドリアの質と量を上げ、老化を防ぐ

ミトコンドリアを増やす方法:運動

ミトコンドリアを増やすためには適度な運動をする必要があるのです。

特に有酸素運動をすることによって、ミトコンドリアが増えるということが知られています。

私のセミナーでは、ミトコンドリアを増やすための有効な方法をお伝えしています。

ミトコンドリアを増やす方法:食事

次に栄養素、食事についてです。

まず1つは、耳にすることが多いと思いますが、ポリフェノールです。

このポリフェノールが活性酸素を無害化する作用があるそうです。

例えばブルーベリーや赤ワイン、緑茶などに含まれていると言われてます。

他には、ビタミンです。

ビタミンA、C、Eも抗酸化力を高めるということが言われています。

紫外線やストレス、喫煙などで生じる過酸化物質を抑制し、酸化した細胞の回復を早める働きがあるということです。

例えばビタミンAはモロヘイヤやニンジン等

ビタミンEはアーモンド、かぼちゃ、うなぎ等

ビタミンCはアセロラ、柿等の食品に含まれています。

ただ、いくらでも取ればいいというものではありません。

ビタミンC は上限はなしと言われてますが、ビタミンEの上限は800mg、ビタミンAの上限は2700ugreと言われています。

適度に摂るということがおすすめです。

ただ実際、こういった食事で十分に取れるかどうかという問題はありますけれども、まずは意識をして摂るようにするとよろしいかと思います。

老化とストレス

もう一つ、老化と関係しているものはストレスです。

ストレスと老化がどのように関係するかという話をしていきます。

このストレスと老化に関しては動物実験があります。

生まれたばかりのネズミを

  • 最初から集団で飼っているグループ
  • 仕切り版を作って別々に飼っているグループ

に分け、1ヶ月間、別々に飼います。

その後、2ヶ月目から一緒にするわけです。

それまでは仕切りがあって、一人でストレスなく生活していたのが一緒になってしまうとストレスを感じるようになってしまうという実験です。

そうすると、途中から仕切りを取って、ストレスをかけたネズミの方が早く亡くなってしまい、ストレスがない群の方が長生きするということです。

ここでもう一つ実験があります。

テアニンというアミノ酸の一種、緑茶などに含まれている成分をストレスをかけたネズミに摂取させるとどうなるかということも調べています。

ストレスがない群に関しては、テアニンを摂ってもあまり変わりませんが、

ストレスがある群に関しては、テアニンを採った群の方が長生きをしました。

そう言うストレスを抑える力、老化を抑える近くがあるだろうということです。

ただ、動物実験の場合だとかなり多くの量を摂取しますから、そのまま人間に当てはまるとは言えないですが、こういう効果が期待できるという結果ですね。

人間の場合も、やはりストレスは良くないです。

ストレスホルモン等に影響していきます

なるべく老化しないためにはストレスを避ける方がいいということになります。

まとめ

今回は、老化を防ぐための習慣という話をしました。

老化を防ぐためのポイントは、

  • 体の酸化を防ぐこと
  • ストレスを避けること

そして、

体の酸化に負けない体質になるために、ミトコンドリアの質と量を上げることが必要です。

そのために、運動や食事を気にかけていきましょう。

ブレインヘルスでは、老化に負けない体つくりをすることができます。

ぜひ!勉強会にご参加ください!