笑わないと約2倍の死亡リスク!!笑う角には福来たる

今日は、笑わないと早死にするという話をします。

私は様々な健康をお伝えしているのですが、自分では当たり前になっていて、あまり伝えていなかったことがあります。

それは何かというと、笑うことです。

私とよく会ってる方はわかると思いますが、いつも笑っています。
自分の中では、これが当たり前になってるのです。

とは言っても元々そうだったわけではありません。
ある時期からよく笑うようになったのですが、今ではそれが当たり前になってしまっているのです。



笑いと健康との関係

実はこの笑いということは、健康面でも、とても良い効果があります。
例えば、副腎ホルモンが変化します。
ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾールの分泌が減少したり、あるいはメンタルを安定させるセロトニンです。
神経を活性化したり、副交感神経が優位になるのでリラックスした状態になるということです。
そして血糖値が下がる、脳内麻薬物質が放出されて気分が良くなる、そして今コロナが問題になっていますが免疫機能、免疫力が高まるといった報告もあります。
お笑い番組を見たら、免疫力が高まったというデータがあります。
このように、笑いにはいろいろな効能があります。

笑う人と笑わない人で、寿命がどのように違うかについても、研究したデータがあるのでご報告ご紹介したいと思います。

まず山形県内の40歳以上の成人1万7512人を調査した研究です。

笑う頻度と、あらゆる原因による死亡、心血管疾患の発症と死亡の因果関係を調査した研究です。

これによりますと、笑う頻度が月1回未満の人は、そうでない人に比べて1.95倍の死亡リスクがあったということです。

月に1回未満しか笑わないというのは、私からは考えられないのですが、そういう人は笑う人に比べて2倍近い死亡のリスクがあるということです。

もう一つこちらは、65歳以上の1万4233人を3年間追跡した調査です。

笑わない人は、ほぼ毎日洗う人よりも機能障害リスクが1.42倍になると、65歳以上、高齢者ですから、色々な機能の障害が出てくる危険性が高いということです。

このように笑わない人は、寿命も短くなったり、病気になる確率も高くなるということがいろいろな研究でわかっているのです。だからなるべく、笑った方がいいのですが、ではどうすれば笑えるようになるかということです。

楽しいから笑うのではない

それを考えてみたいと思います。
答えはズバリ無理やり笑えばいいのです。
無理やり笑う、多くの人が勘違いしてるのですが、楽しいから笑うのではないのです。
笑うと楽しくなります。
心理学の研究でも証明されているのですが、楽しくないときでも無理やり笑うと楽しい気分になるのです。
多くの人は、楽しくないと笑えないと思っていますが、そのように思っている人は、物事を楽しいとか面白いというふうに捉えなくなってしまうのです。

「なんだこんなのあんまり面白くないじゃないか」ということで笑わないと悪循環になってしまいます。
こんなのつまらない、面白くないと言って笑わない生活になってしまうのです。

そうではなくて、ほんの些細なこと、あるいは全然面白くないようなことでも笑うということをしていくと、楽しくなってまた笑うというふうに、好循環になっていくわけなのです。

ですのであまり、普段笑えてないという人は、何でもいいから笑ってみてください。
そうすると健康にもなるし、人生も楽しくなります。

これは、私自身も経験してきて、間違いない方法だと確信していますので、ぜひ試していただければと思います。

笑いの他の健康法を知りたい方はコチラの記事もどうぞ!

老化を防ぐ=酸化を防ぐ?どうしたら老化を防げるのか?

 

ブレインヘルスでは、脳の機能を高め、心身ともに健康になる方法を学ぶことが出来ます。

東大ドクター 森田敏宏先生の『脳から健康になる7つの法則』プレゼント

痛くない!疲れない!
東大ドクター 森田敏宏先生の『東大式 最高の健康法』
『脳から健康になる7つの法則』(PDF版)を今なら無料プレゼント
お申し込みは今すぐこちらから!

▼ ▼ ▼ ▼