成果が出ない人は一体何が問題なのか?

今回の記事は成果が出ない人の特徴3選という話をします。

毎日忙しいのに結果が出ない、成果が上がらないという人が、あなたの周りにもいると思います。

あるいは、あなた自身がそうかもしれません。

そんな成果が出ない人の、何が問題なのかを考えてみたいと思います。



第3位:自分の時給を考えていない

第3位は自分の時給を考えていないということです。

どういうことかというと、

主婦の人に多いですが、スーパーのチラシを一生懸命チェックして安い商品を探している人がいます。

例えば、10円安いトイレットペーパーを買うのに、隣町のスーパーまで片道30分掛けて行ったとします。

こうなると、往復1時間の時間が掛かるわけですが、10円安いトイレットペーパーを10パック買ったとしても、100円しか違わないわけです。

仮に時給が1000円だと考えたら、1時間をかけた場合、隣町まで行って100円得したと言って喜んでいても、実際は時給1000円なので、損していることになります。

そういうことに気づかずに、目先のちょっとした利益のために、大きな損失をしている人がたくさんいるわけです。

では、どうすればいいかというと、まず自分の時給に見合わない、意味のない仕事は人に任せた方がいいです。

そして、自分の時給を考えて行動すると、移動時間なども重要になってきます。

タクシーを使った方がいいか、地下鉄を使った方がいいかなどを考えることになります。

電車で1時間掛かるところを、タクシーでは30分でいけるとしたら、タクシーで行けば30分の時間が浮くわけです。

もし、電車とタクシーの料金の差が2000円だったとすれば、時給が4000円以上の人であれば、タクシーを選んだ方が得になるかもしれません。

移動している時間自体もポイントです。

例えば、電車がすごく混んでいて、移動中の時間を有効に使えないかもしれません。

タクシーであれば、移動中も簡単な仕事ができるかもしれません。

そうすると、移動中の30分も有効に使えるということになります。

こういうことを一つ一つ考えていきます。

このように時給を考えることが時間の活用にもつながるわけです。

タクシーの例からも分かるように、時間の活用、生産性の向上に繋がるのです。

生産性の向上は、収入のアップにも繋がります。

このように自分の時給を考えて、どのような選択をしたらいいのかということを常に意識する必要があると思います。

第2位:すぐに行動できない

さて、第2位は「すぐに行動できない」ということです。

聞いたことがあるかもしれませんが、PDCAサイクルというのがあります。

PというのはPLAN、DはDO、CはCHECK、AはACTですね

計画を立てて行動して、その結果をチェックして修正するというのがPDCAサイクルです。

しかし、成果が出ない人というのは、最初のPLAN(計画)だけを考えて、なかなか行動できない人が多いわけです。

こういう場合にはどうしようか、ああなったらどうしようかとか、色々な想定だけして、なかなか行動できないという人が多いです。

しかし、色々なシミュレーションをしたとしても、実際にやってみないとわからないことというのはたくさんあります。

つまり、いつまでも止まっているよりは早く行動した方がいいのです。

改善するためにも、まず行動しましょう。

どういうことかというと、PDCAサイクルの順番を変えてDO(行動)からも始めるということです。

まず行動してみて、チェックをして修正して計画を立て直すといった形です。

DCAPなんて言いますが、このサイクルを回して行くということです。

繰り返しになりますが、やってみないとわからないことがたくさんあります。

リスクが高い時は別ですが、まず行動してみるということがおすすめです。

第1位:優先順位がわかっていない

第1位は「優先順位がわかっていない」ということです。

私の講座ではいつも「重要なことに集中しましょう」という話をしています。

しかし、ほとんどの人ができていないです。

例えば、作業が10個あったとします。

重要でないことばかり、10個やってしまうということであれば、当然成果が出ないわけです。

改善するためには、何が重要かを常に意識する必要があります。

私の講座で教えているのは「1人戦略会議」という方法なんですが、これをやることによって、確実に成果が出せるようになります。

私はこのことを、10年以上前から企業などで、サラリーマンにも教えたりしていますが、リストラ寸前だったサラリーマンがこれをやることによって、劇的に変わって売り上げが上がり、部長に昇進した例や、すごく小さな企業に勤めていたサラリーマンが世界的な大企業に転職して、そこでトップセールスになる等の成果を出すことができたという例もあります。

仕事ができないとか、成果が上がらないということを、能力の問題だと決めつけてしまう人が多いですが、そんなことはないです。

正しいやり方をすれば、成果を出すことができるので、成果がでないという時は「重要なことに集中する」ことを意識していただいたら良いと思います。

まとめ

今日は、成果が出ない人の特徴3選についてお話ししました。

第3位は「自分の時給を考えていない」ということです。

自分の時給を考えて、行動を決めていくということが大切になります。

第2位は「すぐに行動できない」ということです。

行動しないと修正もできませんので、リスクが無いのであれば、まずは行動して、その後改善を試みましょう。

第1位は「優先順位がわかっていない」ということです。

何が重要かが分かっていないということです。

意識して、重要なことに集中しましょう。

これらのやり方をぜひ覚えていただきたいと思います。

成果が出ない人で「時間がない」という人はこちらの記事もご覧ください。

いつも忙しくて時間がない人の特徴トップ3

ブレインヘルスでは、成果を出すための具体的な方法を学ぶことが出来ます。

ぜひ!勉強会にご参加ください!

東大ドクター 森田敏宏先生の『脳から健康になる7つの法則』プレゼント

痛くない!疲れない!
東大ドクター 森田敏宏先生の『東大式 最高の健康法』
『脳から健康になる7つの法則』(PDF版)を今なら無料プレゼント
お申し込みは今すぐこちらから!

▼ ▼ ▼ ▼