弱みを強みに変えよう!【東大ドクター 森田敏宏】

弱みを強みに変えようという話をします。

私の講座では強みを見つけるワークというのをやっています。

ただ、多くの人が私には強みがありませんと言います。

しかし誰にでも強みはあるのです。


誰にでも強みはある

ほとんどの人は、自分に強みがあるということに気づいていません。

なぜ気づかないのかというと、理由は単純で、その人にとっては当たり前のことだからです。

 

例えば、ゴルフのプロの人は当然ゴルフが上手いのですが、誰でもできるのが当たり前だと思っています。

周りにはもっとうまいトッププロの人がいますから、自分は大したことないらしいのです。

 

歌がうまい人などもそうです。

もっと上手い人もいますので、自分など大したことがないと思っています。

しかし一般の人から見たらすごくレベルが高いのです。

それは強みと言えるのですが、本人はその事に気付いていません。

 

勉強ができる人もそうです。

勉強のコツを知っていて、いい成績をとっていると、他の人もできると思っていますが、意外とそうではありません。

ちょっとしたコツでも、多くの人が知らなかったりします。

ですからそれも強みになるのです。

 

当たり前のように自分がやっているのは、強みだということに気付いていません。

このような強みというのは誰でも持っているはずですが、なかなか気づきにくいです。

探せば絶対見つかるはずなのに、あまり自覚しないことが多いです。

弱みを強みに変える方法

どうしても強みがない、見つからないという人はどうしたらいいかというと、弱みを強みに変えるという方法があります。

例えば私の経験ですが、ひとつご紹介すると、もともと膝や腰や肩など、あちこちの関節が痛かったのです。

なので、若い時から筋トレをやっていたのですが、関節に負担がかかるので、重たい器具を持ち上げるのはとても大変でした。

30代半ば、身体中痛くて、筋トレをやるのがキツかったり、走るのも辛いような時期がありました。

自分はリウマチではないかと思ったくらいです。

この状態では強みと弱みで言えば弱みということなのです。

 

そんな時に加圧トレーニングを知りまして、それをやりだしたところ、なんと小学校の頃からの膝の痛みが、消えてしまいました。

他の腰痛や、肩の痛みなど全て改善して元気になりました。

そうすると、それまでの弱みだったことが強みに変わります。

同じような悩みで困っている人は、世の中にたくさんいますから、その人たちを助けて貢献することができるようになりました。

皆さんも、このように弱みを強みに変えた経験があるはずです。

そのへんを少し振り返ってみるといいと思います。

今現在の弱みが将来の強みになることもある

あるいは今現在進行形で、これから進めていくというものでもいいでしょう。

いま太っていて、ダイエットが苦手な人も、成功したら他の人を指導できるようになるのです。

これも弱みを強みに変換する良い例になります。

 

私の講座では食事のとり方なども指導していて、多くの人がダイエットに成功しています。

過去に失敗していたという人も、成功していますので、そのようなダイエット成功例などを取り入れることです。

弱みを強みに転換することも可能なのです。

 

また英語が苦手な人がマスターできたら、同じように悩んでいる人に指導できます。

弱みを強みに変えて収入アップにも繋がるのです。

 

今、病気で悩んでいる人は、その病気を克服したり改善できたら、同じように悩んでいる人はたくさんいますから、その人たちを救うことができます。

私は最近ゴルフをしますが、ある程度のレベルになったら、初心者が短期間でゴルフを上達させる方法などをyoutubeで発信したり、教材を出したりできるのではないかと思っています。

これも弱みを強みに変えることになるのです。

まとめ

自分が過去もしくは今現在の辛い経験を、弱みだと思っている間は何も変わりません。

しかし弱みを強みに変えるという、発想を転換してみるとものの見方はガラッと変わります。

それまでネガティブにしか捉えられなかったことが、180度変わってポジティブ変換し、色々なプラスの効果をもたらすようになります。

ぜひ弱みを強みに変えることができないかと考えてみましょう。

 

ブレインヘルスでは、弱みを強みに変える方法を学ぶことが出来ます。