熱中症にならないための3つのポイントと方法とは?

熱中症から身を守る、客観的な3つのポイントという話をします。

さて前回に続いて、熱中症の話です。
というのも今年も異例の早さで、梅雨が明けました。
このまま、暑い夏に突入していくかもしれません。

そうなると、熱中症になる人も増えるということで、それを防ぐためのポイントをお伝えしていこうと思います。


人間は思い込む性質がある

人間の感覚というのは、非常に曖昧です。
感覚だけに頼ると、自分の身を守れません。

例えば、朝起きたときに少し眠たいなあと感じることがあると思います。

そういうときに「今日は寝不足だな」と思うのではないでしょうか?

しかし、朝起きたときに眠たいというのは、たまたま眠りが深いときに目が覚めれば、眠たいというふうに感じるわけです。

これは睡眠を何時間とったかということとは、必ずしも関連しないです。

しかしそういうふうに人間は思い込んでしまいます。

同様に気温に関しても、意外と人間の感覚というのは曖昧ですから、その感覚だけに頼ると自分の身を守れない場合があります。

なるべく、客観的な指標を目安にした方がいいだろうということです。

思い込み

熱中症にならない方法 その①

まず1番目も、気温を過小評価しないということです。

天気予報でも、今日は何度ですというふうに報道されますし、最近もスマホなんかでももう気温が、わかるようになっています。

しかしこの気温というのは実は過小評価しがちなんですなぜかというと、まずこの気温の測り方というのをおさらいしてみたいと思います。

風通しや日当たりの良い場所を、電気式温度計を用いて芝生の上1.5mの位置で観測すると、この電気式温度計は、直射日光に当たらないように通風等の中に格納するということです。

どんな状態かというと昔、百葉箱というのがあったと思いますけれども、日の当たらない箱の中でしかも風通しの良い状態です。

これで気温を測ります。

ということは、報道されている気温というのは、日陰で風通しの良い場所の温度ということです。

ところが私達が熱中症になるような場所というのも、場所の多くは日向です。

日向は、報道されている気温よりも遥かに暑いわけです。

ですから、例えば今日の気温が36度というときに、日向の温度というのはもう40度以上になっています。

そういうところに長時間いるのは、危険だということになります。

報道されている気温が大したことないと思わずに、注意を払った方がいいということになります。

百葉箱 気温

熱中症にならない方法 その②

2番目も、尿の量をチェックする、意識するということです。

私達の体というのは、血液が十分にきちんと循環して、腎臓にも十分に血液が流れていれば、コンスタントに尿が出ます。

おおよそ、1時間60CCくらい、多い場合は100CCくらい出るわけです。

ところが、この尿が出ない。

つまりトイレに行きたくならないということです。

という場合は、水分が不足している可能性があるわけです。

暑い状態で、しかも水分を摂っているにもかかわらず量が出ないということは、水分が足りていないという危険な兆候になります。

ですので、その辺りを意識して暑い屋外に、長時間どうしてもいなければならない場合にも、ちゃんと尿が出ているかということを、意識していただくといいと思います。

この尿の量というのも、医療従事者にとっては、かなり重要なバロメーターになりますので、ある意味量がちゃんと出ているようであれば、健康状態はそれほど心配ないと言っても言い過ぎではないくらいですので、気をつけていただくといいと思います。

熱中症にならない方法 その③

そして3番目は汗です。
汗これも重要です。
汗の役割というのは、暑いときに体温が上がりすぎないために出ます。

ですので、もし暑いのに汗が出なかったのなら、これはおかしいわけです。
汗が出なかったら、体温がどんどん上がってしまうわけです。

私もかつて炎天下で、気温30度以上の炎天下でフルマラソンを走ったことがあるのですが、そのときは、30キロ地点くらいだと思いますけれども、順調に走っていて、汗が出なくなりました。
こんなに暑いのに汗が出ないなんて、調子がいいんだなというふうに思ったんです。

ここが人間の感覚の曖昧なところです。

しかしその次の瞬間、暑いのに汗が出ないのは、おかしいということに気づいたわけです。

これはもう脱水の兆候であると、熱中症の一歩手前であるということで、次の給水地点で慌てて水を飲んだことがあります。

これも先ほど言ったように人間の感覚が曖昧なので、下手すると見逃してしまう可能性があるわけです。

「調子がいいからもっと飛ばそう」なんていうふうに思っていたら、倒れてしまうわけです。

ですので自分の感覚に頼らずに、あくまでも客観的な指標を目安にして、それを頼りにした方がいいです。

暑いのに汗が出ないっていうのは絶対におかしいので、もしそのような状態になったら、無理せずに、涼しい場所に移動した方がいいです。

ということで、熱中症にならないための、客観的なポイントを3つご紹介させていただきました。

 

熱中症になりやすい危険な行動について知りたい方はこちら!

熱中症注意!やってはいけないこと3選

 

ブレインヘルスでは、脳の機能を高め、身体にも有益な情報を学ぶことが出来ます。

『パーフェクト・ブレインヘルス』1Day体験セミナー&説明会

  【東大ドクターが開発した“真の健康法”】 『パーフェクト・ブレインヘルス』   1DAYセミナー体験会のお申し込みは今すぐどうぞ。  

▼ ▼ ▼ ▼