【見ないと損!】朝やるのは良くない行動ワースト5

今日は、やってはいけない行動ワースト5というお話をします。
早速第5位からいってみたいと思います。


朝やってはいけない行動 第5位 二度寝

第5位は二度寝です、二度寝をしてはいけないということです。
まず、目覚まし時計で起床する人が多いと思いますが、目覚ましで一度起きたんだけれども、なんか眠いなということで、二度寝してしまうという、そのような経験をしたことがある人がほとんどだと思います。

二度寝して起きると頭がぼおっとしてしまうということです。
そうなると、その日一日が、有効に使えなくなってしまいます。
で、ここでの問題点は何かというと、まず目覚め方に問題があります。
どういうことかというと、この目覚ましを使って起きるというのは、睡眠の周期を無視してるわけなのです。
睡眠の周期というのはどういうものかというと、大体1時間半で、人間の睡眠というのは、深い眠りと浅い眠りを繰り返しています。

眠りが、浅くなったときに、目覚ましが鳴ればいいのですが、そうではなくて、眠りが深いときに目覚ましが鳴ると、当然、ボーッとしてるわけです。
不快な気分になってしまう、ここに問題があります。

このように自分が決めた時刻に、目覚ましアラームをかけても、眠りの周期を無視してるわけです。
そこにまず問題があるということです。
ではそれに対してどういう対策を立てればいいかということですが、これは私が10年以上前からおすすめしている光目覚ましです。
音ではなくて光によって起きるという方法です。

最近は光目覚ましも種類がだいぶ増えてきましたので、インターネットなどで検索していただくと、いろんな種類のものが出てくると思います。
光で徐々にこう、眠りが浅くなってきますので、不快なアラーム音ではなくて、光によって徐々に覚醒するということができます。
これはとてもおすすめですので、ぜひ試していただければと思います。

それからもう一つの問題点は、私も今50代ですが、だんだん年齢が進むと眠りが浅くなってくるのですが、そうすると予定していた時刻よりも早く目が覚める場合があります。

そのときに、自分が7時間とか、8時間寝ようとしていたときに、4時間とか5時間で目が覚めてしまうと、もっと寝なきゃというふうに思ってしまうわけなのですが、本当に熟睡できていて眠くないのであれば、無理に二度寝をする必要はありません。
最近の研究では、最初の3時間しっかり熟睡できていれば、疲れを取るのには十分であると、そういったデータもあります。
先ほどお話したように、眠りの周期が、1時間半ですので、3時間ということは、2回その周期を、繰り返しているということになります。
もちろん、毎日3時間ということですと、ちょっと寝不足になる可能性がありますが、一晩だけ睡眠時間が短くても、ちゃんと疲れが取れているのであれば、問題ないということです。

それなのに無理にもう一度寝ようとすると、逆に二度寝して起きたときにまたぼうっとしてしまうということになりますので、明らかに眠くないという状態であれば、思い切って起きてしまう方がいいと思います。

朝やってはいけない行動 第4位 SNS

続いて第4位はSNSに没頭するということです。
SNSに没頭する、これもよくありません。
起きて、ついスマホをいじってしまうという人は、少なくないと思います。

これはよろしくないです。
なぜかというと、優先順位が間違っているからなのです。
私の講座ではいつも、重要なことを優先しましょうという話をしてるのですが、重要なことは、何かというと、目標です。
皆さんそれぞれ何かしらの目標があると思いますが、目標を達成するためにやるべきことです。

それが重要なことということになります。
例えば受験生であれば勉強するのは重要なことですし、社会人の人であれば、何か自分が今抱えていることで、重要な仕事というのがあるはずです。
そちらに集中しなければいけないということです。

1日24時間というのは、誰にも平等に与えられています。
この時間を何に分配するか、それによって人生が決まると言っても過言ではないと思います。
具体的にどうすればいいかということですが、私の講座では、「1人戦略会議」というやり方をお伝えしています。

これをやっていただくと、自分にとって、今日は何が重要なことなのかということが見極められるようになります。

朝やってはいけない行動 第3位 水分を取らない

第3位は、水分を取らないことです。
朝水分を摂らないというのはよくありません。

朝起きて、私の場合は、まずトイレに行きます。
戻ってきたらまっすぐに、水を飲むようにしています。
なぜかというと、睡眠中というのは、私達が寝ているときは水分を取ることができないからです。
ですので、朝起きたときというのは、脱水気味、水分が不足気味になっています。

特に汗をかきやすい夏場とか、前日お酒を飲み過ぎた場合です。
お酒を飲むとアルコールは利尿作用といって、尿をたくさん出す作用がありますので、尿がたくさん出て、翌朝は脱水気味になっています。

ところが勘違いをしている人が多くて、例えば朝起きて、眠気覚ましにまず、いきなりコーヒーを飲むと、これはよくありません。
なぜかというと、カフェインには利尿作用があるからです。

ですから脱水気味なのにさらに尿を出そうとしてしまいます。
そうではなくて、先に水を飲むのがおすすめです。
それから、お酒を飲みすぎるとむくむことがあります。
むくんでいるから、水分が足りているというふうに勘違いする人がいるのですが、これも間違いです。

むくんでるというのは、血管の外に水分が漏れているのです。
そういうときというのは、血管の中の水分が足りていません。
血管内脱水というのですけども、水分が足りていないので循環が悪い状態なのです。

ですからやはりそういうときは、水分をしっかり取る必要があります。
解決策として、とにかく起きたらすぐに水を飲むということです。
ぜひ習慣づけていただきたいと思います。

朝やってはいけない行動 第2位 朝食を摂らない

第2位ですが、これは何かというと、朝食をしっかり食べないということです。

朝食を食べないのはよくありません。
朝食を、少量しか食べないという人もいますが、その理由は、時間がないなどです。
お腹があまりすかない、食欲が湧かないといったこともあります。

しかし私達は、日中は勉強したり仕事をしたり体を動かしたりして、エネルギーを使うわけです。
ですから朝食べないとエネルギー切れになってしまいます。
また、朝食を摂らずに、昼にドカ食いする人がいます。
これもよくありません。

なぜかというと、血糖値の乱高下をきたしてしまいます。
昼間ずっと空腹の状態、血糖値の低い状態が続いて、急に食べると一気に血糖値が上昇します。
そして血糖値を下げるために、インスリンというホルモンが分泌されて、今度は血糖値が急降下してしまうのです。

また、午後に夕方ぐらいになると、お腹が急速にすいてくるというような状態でエネルギー切れを起こしてしまいます。
私の講座では、エネルギー管理術という方法を教えているのですが、この中でエネルギーレベル、わかりやすく言えば血糖値を安定させる方法をお伝えしています。

まず第一歩は、朝食をしっかり食べるということになります。

朝やってはいけない行動 第1位 運動をしない

第1位です。

運動しないということです。
運動をしないのはよくありません。
朝が苦手という人も少なくないと思いますが、、朝寝坊するとか、エンジンがかからないといった人が、少なくないと思います。
これは、鶏と卵じゃないのですけどどっちが先か、という問題があるのですが、ほとんどの人がボーっとしているから、動けないんだというふうに思うわけなのですが、ここでこの鶏と卵、順番を入れ替えて見ると画期的なことが起こるのです。
どういうことかというと、動けばボーッとしなくなる。
つまり、頭が冴えてくるということなのです。

私の講座では、これを皆さん実践していただいているのですが、運動によって脳が活性化するということは、最近の研究で明らかになってまして、私の講座では、朝ランです。
朝、軽くジョギングすることを推奨しています。

これをやっていただくとわかるのですが、頭が冴えますし、代謝もアップするのです。
よくことわざで1年の計は元旦にありと言いますが、一日の始まりのポイントは朝にあるわけです。
朝どんな行動をするかで、その1日の結果が大きく変わってきますので、ぜひ、朝体を動かす、朝運動するという習慣を取り入れていただければと思います。

まとめ

今回は朝やってはいけない行動ワースト5という話をしてきました。
第5位は、二度寝です。
二度寝をしないように置き方を工夫すること。
眠気が取れて、早く目が覚めたときは起きてしまいましょうというお話をしました。
第4位がSNSに没頭するということです。
どうでもいいことではなくて、朝から自分にとってというようなことに集中しましょうという話をしました。
第3位、水分を取らないことです。

夜、寝ている間は水を飲めないので、私達が起きたときは水分不足になっています。
朝起きたらとにかく水を飲むという習慣をつけましょうという話をしました。
第2位が、朝食をしっかり食べないことです。

朝、しっかり朝食をとって、エネルギーを取り込むことはとても重要ですので、朝食をしっかり食べる習慣をつけましょうというお話をしました。
第1位は運動しないことです。
まずは運動して、代謝をアップするということが非常に重要ですので、ぜひこの習慣を取り入れていただきたいと思います。

 

ブレインヘルスでは、「1人戦略会議」の方法を学ぶことが出来ます。

東大ドクター 森田敏宏先生の『脳から健康になる7つの法則』プレゼント

痛くない!疲れない!
東大ドクター 森田敏宏先生の『東大式 最高の健康法』
『脳から健康になる7つの法則』(PDF版)を今なら無料プレゼント
お申し込みは今すぐこちらから!

▼ ▼ ▼ ▼