たったひとつのコツで絶対リバウンドしないダイエットとは?!

絶対リバウンドしないダイエット、たった一つのコツという話をします。

ダイエットですが、これは永遠のテーマではないかと思います。

よく10キロダイエットしたけど、リバウンドしたとか、そういった話を耳にすることがあります。

実際私は通算2、3000人以上の人に食事指導をしてきましたが、ほとんどの方が簡単に痩せて、しかもリバウンドしないのです。

なぜそういうことが可能なのかということを、お話をしていきたいと思います。


リバウンドしないコツとは

そのたった一つのコツ、それは何かというと毎日体重を量るということです。

できれば毎朝、同じ条件で測るというのがおすすめです。
単純といえば単純なのですがこれが、すごく有効なのです。

ちなみに体重というのは絶対的な指標ではないです。
ダイエットというのは、単に体重を減らす、減らせばいいというものではないです。

なぜかというと、筋肉量が影響します。

筋肉が多い人は、体重も重いのです。
引き締まっているわりに体重は重いです。
筋肉というのは非常に重いです。

脂肪は同じボリュームでも、同じ量でも筋肉よりも軽いのです。

筋肉が少ない人は体重が軽いということです。

ですので、ただ単に体重が多い少ないではないのですが、体重が一番の目安になるということです。

さらに最近は、体脂肪体組成計を使えば体脂肪、体脂肪率を測ることができますので、それも測った方がいいです。

これによって、筋肉量が増えているか減っているかということがわかるわけです。

ですから毎朝、体重と体脂肪を測るということがおすすめです。

フィードバックの原理

では何故これが有効なのかということですが、これはフィードバックという原理に基づいてます。

このやり方の中には、無意識のフィードバックと意識的なフィードバックというものが含まれています。
それについて、説明をしていきたいと思います。

まずそのフィードバックとは何かということを少し考えてみたいと思います。
辞書によると、電気回路で出力の一部を入力側に戻して、出力を増大または減少させること、また一般に結果によって原因を自動的に調整する動作をいう、自動制御などに応用されるということです。

この場合、ダイエットに関していうと、体重測定の結果で生活習慣を調整するということです。

これがフィードバックということになります。

無意識のフィードバックと意識的なフィードバック

無意識のフィードバックというのは何かというと、例えば、朝体重を測って、体重が増えてたとします。
そのときに無意識のうちに、食事量を減らしたり、運動量を増やすというふうなフィードバック、自動調整が働くわけです。

逆に、体重が減ったときに気持ちが緩んで食べてしまうと、逆のフィードバックも起きることもあり得ます。

次に、意識的なフィードバックというのは何かということですが、これはもっと積極的に改善を目指すというものです。
例えば体重が増えたというときに、前日の食事を振り返ります。

例えば昼食に、蕎麦とか、パスタなどの炭水化物が多かったという場合に、サラダとチキンに変えてみようというふうに改善するわけです。

あるいは運動、いつもジョギングをやっていたけども、HIIT、高強度インターバルトレーニングをやってみようというふうに改善をする。
このように積極的な改善を目指すのが、意識的なフィードバックということです。

この改善をするためにおすすめしているのが、自己管理シートというものです。

私の講座では自己管理シートというのを記録することをおすすめしています。
これを付けることによって、無意識のフィードバックも働き、さらに意識的なフィードバックを加えることによって、誰でも無理なくダイエットすることが可能になります。

ご興味のある方は、私の講座の方をご覧になっていただければと思います。
ということで今日のお話ですが、ダイエットするための一番重要なポイントは、体重そして体脂肪を測るということです。

そしてフィードバック、無意識のフィードバックと意識的なフィードバック、これを活用することがダイエットの重要なポイントであるというお話をしました。

 

ダイエットに関する他の記事もご覧になりたい方はこちら!

ダイエットでよくある勘違い トップ3

 

ブレインヘルスでは、運動や食事を適切に取り入れ、毎日を健康に過ごす方法を学ぶことが出来ます。

東大ドクター 森田敏宏先生の『脳から健康になる7つの法則』プレゼント

痛くない!疲れない!
東大ドクター 森田敏宏先生の『東大式 最高の健康法』
『脳から健康になる7つの法則』(PDF版)を今なら無料プレゼント
お申し込みは今すぐこちらから!

▼ ▼ ▼ ▼