食べちゃダメ!?私が食べなくなったもの3選【東大ドクター 森田敏宏先生が教える】

今日は食べちゃダメ!?私が食べなくなったもの3選というお話をします。
私自身が健康法に関して指導をしたり、自分でも実践してきた中で食生活も大きく変化してきました。

食事の指導なども10年以上前から行っています。
自分も実践しているわけですが、気がついてみると、食生活が大きく変わりました。

昔はよく食べていたもので、今ほとんど食べなくなったものというのがいくつかあります。
それら、健康に良くないものについてご紹介していきます。


食べなくなったラーメン

1番目はラーメンです。
最近は、ほとんど食べません。
基本的に、あまり自分から進んで食べたいと思わないのですが、理由は、栄養素よりも健康に悪い成分のほうが多いのです。
麺は炭水化物ですし、なんといっても塩分が多いです。
塩分は1日の摂取量を、ラーメン1杯だけでとってしまうのではないか、というくらい多いです。

栄養面ということを考えると、あえて食べる理由というのが見当たりません。

しかし、まれに食べることがあります。

お付き合いで、「ラーメンでも、食べに行きましょう」と言われて、「健康によくないから、やめときますよ」とも言いづらいので、食べる事はあります。
本当に数えるほどで、年間1〜2回くらいではないでしょうか。
自分から進んで食べる、ということは全くありません。

食べなくなった辛いもの

2番目、辛いものも食べなくなったです。
昔は辛いラーメン、辛いカレーやキムチを、よく食べていました。

近所にラーメン屋があって、キムチを無料で食べることが出来ました。
大きな壷にキムチがたくさん入っていまして、半分くらい食べていました。
当時は何とも思わずに食べていましたが、結果はどうなったかというと、よくお腹を壊していました。

ラーメンやカレーも、刺激の強いものを求めていたのでしょう。
そのようなものばかり食べていました。
なぜ辛いものを好んだのかということですが、疲れや、ストレスがたまっていると、刺激物が欲しくなると思います。
そうすると、目が覚めたり、元気になるというような幻想なのですが、辛いものをたくさん食べていました。

今まではあまり受け付けなくなり、食べなくなりました。

食べなくなった唐揚げ

そして3番目は、唐揚げです。
今はあまり食べなくなったです。

脂っこくて、食べる気がしないです。
同様に天ぷらなどもそうです。
基本的に、自分から進んでは食べないです。

AGEという物質

特に唐揚げのほうが、より良くないです。

悪い理由というのは、科学的に見て、AGEという物質が、たくさん含まれていることが問題視されているからです。

AGEとは何かと言いますと、終末糖化産物と日本語では訳されています。

タンパク質と糖が結びつく、これを糖化と言います。
糖化によってできたもので、元に戻らない最終的な生成物を終末糖化産物(AGE)と言います。

AGEは、加熱をすると促進されます。
加熱した食品は、AGEをたくさん含んでいます。
これが老化と密接に関わっていると言われています。

骨粗鬆症や動脈硬化、がん、白内障、アルツハイマーなどの多くの病気の原因になるのが、AGEをたくさん含んだ食品なのです。

唐揚げにも、AGEがたくさん含まれています。

同じ鶏肉でも、水炊きの場合だと、AGEの値が957、ところが唐揚げにすると、なんと10倍以上、9732になってしまいます。
脂っこいものを好きな人は、唐揚げなどを沢山食べると思いますが、上記のような病気のきっかけになってしまいます。
知らず知らずに摂取しているということを、認識しておきましょう。
健康に気をつけていくと、食生活が変わってきますので、少し意識をしてみてください。

まとめ

他にも色々ありますが、特に私が食べなくなったものです。

  • ラーメン
  • 辛いもの
  • 唐揚げ

以上のものを、全く取るなとは言いませんが、あまり取り過ぎるのは健康に良くないので、控え目にしていただくと、よろしいと思います。

 

ブレインヘルスでは、健康に良い食品を摂取する方法を学ぶことが出来ます。