東大ドクターが教える!怒らなくなる方法!

今日は怒らなくなる方法という話をしたいと思います。

人間には喜怒哀楽といった、感情の変化がつきものです。

良い感情の変化はいいんですが、ついカッとなってしまうという人も少なくないと思います。

カッとしてしまうこと自体が精神的なストレスにもなりますので、なるべく怒らなくて済めばその方がいいわけです。

何年か前にベストセラーになった「反応しない練習」という本があります。

この本の中で言っていることを簡単に言えば、反応しなければいいんだということです。

とはいえ全く怒らないというのも、なかなかできる人は少ないと思います。

この感情の変化というのは脳の反応なわけです。

何かの刺激が脳に入って脳が反応します。

この時に、喜怒哀楽の感情が反応するわけですけども、怒る感情が反応してしまうとついカッとなってしまうわけです。


どんな時に怒るのか:自分に自信が無い

まず、どんな時に人間は怒るのかということを考えてみたいと思います。

1番目は自分に自信がない時ですね。

自信がないと人間怒ります。

よく怒るお医者さんというのがいます。

外来でも怒るお医者さんがいると思います。

もっと怖いのは手術中です。

手術中に怒るお医者さんというのが結構います。

どういうお医者さんかというと、自信がない人、要するに手術の腕がイマイチで自信がない人ほど怒って周りのスタッフに当たり散らしたりします。

一般の人からするととても怖い話なんですが、本当の話です。

自分がよく分かっていて経験があって、十分対処できることだったら、怒る必要がないわけですけど、余裕がないと、ついつい無意識のうちに怒ってしまうわけです。

どんな時に怒るのか:想定の範囲外のことが起こる

そして次は、想定の範囲外ということです。

誰しも許容範囲というのがあると思います。

ここまでだったら良い、でもこれ以上は許せないということがあると、つい怒ってしまうというものがあると思います。

このように想定の範囲を超えてしまうと、つい感情が反応してしまうわけですね。

怒らなくなる方法:想定の範囲を広げる

なるべく想定の範囲を広げることで、いちいち反応しないようにする、怒らないようにできるというわけです。

「こいつはこのぐらいのことしてもおかしくないな」「そのぐらい想定してたよ」ということであれば怒らないで済みます。

ですので、なるべく想定の範囲を広げて想定外の事態でカッとならいようにするということです。

怒らなくなる方法:距離を置く

しかしそれでも、どうしてもうまくいかない、馬が合わない、この人といるとついカッとなってしまう、ということもあると思います。

例えば、上司がどうしても駄目だということもあると思います。

そういう場合には環境を変える、あるいは距離を置くということが必要になってきます。

どうしても、何か言われてカッとしてしまったり、イライラしてしまうことがあると思います。

満員電車なんかもそうですが、乗っていると、イライラしたりカッとしてしまいます。

そういう環境に身を置いていると、どうしても感情が反応してしまうので、嫌な人がいない環境に行けばいいわけです。

あるいは会う機会を少なくすると良いです。

たまにだったらなんとか我慢できるかなというのがあると思うので、毎日会ってるとイライラするけれども週に一回とか一ヶ月に数回だったら何とかなりますよ。という風に接触する頻度を減らせば怒らないで済むということがあります。

全てそうですが、距離感というのは非常に大事なので、意識して、あんまり一緒にいたくないなという場合には意識的に距離を置いたりするという方法もあると思います。

こういった事を参考にしていただいて、なるべく怒らないようになっていただけると良いと思います。

怒るというのはネガティブな感情なので、エネルギーを無駄な方向に使ってしまうことになります。

もっと建設的な方向にエネルギーを使えるようにしていきましょう。

ブレインヘルスでは、脳から健康になり、ストレスを減らす方法を学ぶことが出来ます。

是非、受けてみて下さい。