簡単にドンドン記憶する方法

今日は、何も悩まずに、どんどん記憶する方法という話をしたいと思います。
さて、受験勉強や資格試験などで、覚えることがたくさんある。でも、どうしたらいいかわからない、どうすれば覚えられるのだろうかと悩んでいる人は少なくないのではないでしょうか?
そういった方が、もう悩まずに、どんどん覚えられる方法です。

それをご紹介していきたいと思います。



記憶に一番大事なものは

これは非常に簡単な方法なので、誰でも実践することができます。
まずその話に入る前に、脳の仕組みを理解していただく必要があります。
私はいつも脳内回路という表現をしていますが、何かを新しく学習したり覚えるということは、脳の中に新しい回路ができるというようなイメージになります。

その回路が、強固なものになるほど、記憶がしっかりするということになります。
そのためには何をしたらいいかということですが、一番シンプルかつ効果的なのは、何かというと、復習です。
復習、おろそかにしてる人もいると思いますけれども、これが一番効果的です。

人間の記憶の保持力

どういうふうにしたらいいかということで、まずここでエビングハウスの忘却曲線という、お話をしたいと思います。
これは、エビングハウスという人が、人間がどのくらい記憶を保持できるのかというものを調べた実験です。

そうすると、一度覚えた項目ですが、1時間後にはもう半分以上忘れています。
1日後2日後と、どんどん覚えている割合が減っていってしまうということがわかりました。
これを詳しく言うと、意味のないアルファベット3文字を覚えるという実験なので、実際意味のある言葉を覚えるのとは違いますが、いずれにしても人間はこれだけ忘れやすいということが言えるわけです。

効果的な復習の方法

ではどうすれば、忘れないようにできるかということですが、そこで必要になってくるのが復習ということになります。
定期的に、復習をしていく、24時間を、そして3日後です、3日後というのはここから3日後ですから2日後ということになります。

また1週間も、最初から数えて1週間ということなんです。
2週間を1ヶ月ごと、このような形で復習をしていくと記憶が定着するということが、このBiエビングハウスの実験によってわかったわけです。
これを学習に応用するというやり方がおすすめです。

どんな感じかといいますと、このパターンと同様に、まず1日経った時点で復習をします。そこから2日後、勉強した日から2日後、そしてそこから4日後、このような形です。
大体1週間になります。
次は1週間後です、1週間後に復習する。
そこからさらに2週間、そこからさらに4週間後というように、およそ倍々で間隔を延ばしていき、伸ばしながら復習を入れていくというやり方です。

ここで一つの疑問が湧いてくると思います。
それはどんどん復習する、項目が増えていくと、勉強時間が長くなりすぎて大変なんではないかという疑問が湧いてきます。
これは、実際にやっていただくとわかりますが、最初覚えるのは大変でも、復習に要する時間っていうのは、それほどかかりません。

だんだん短くなってきます。

所要時間は徐々に短くなる

最初かかった時間の2回目には半分ぐらい、そこからまたさらに縮んでいくというようなイメージで考えればいいと思います。
ですから、復習する項目が増えたとしても、最初に初めて学習するものの後、合計で2倍ぐらいの時間があれば、済むということになります。

これをやることによって、本当に何も考えずに単純に復習を繰り返すことで、機械的に復習を繰り返すだけで、覚えることができます。
皆さんも、普段使っている、いつも使っていることというのは忘れないと思います。

例えば、自分の住所とかです。
最近は電話番号はあまり覚えないかもしれないですが、携帯がなかった頃などは、電話番号も、頻繁に使うので覚えていましたが、それと同じように、こうやって頻繁に復習することによって、忘れずに記憶を定着させることができます。

極めてシンプルなんですけれども、なかなか記憶できない、覚えられないということで悩んでいる方には、効果的な方法ですので、試していただければと思います。

 

ブレインヘルスでは、脳を鍛えて記憶力をアップする方法を学ぶことが出来ます。

東大ドクター 森田敏宏先生の『脳から健康になる7つの法則』プレゼント

痛くない!疲れない!
東大ドクター 森田敏宏先生の『東大式 最高の健康法』
『脳から健康になる7つの法則』(PDF版)を今なら無料プレゼント
お申し込みは今すぐこちらから!

▼ ▼ ▼ ▼