加圧トレーニングと乳酸のすごい関係!

今日は加圧トレーニングと乳酸のすごい関係という話をします。
有酸素運動とか無酸素運動という言葉を使いますが、これはどういう意味かということを少し考えてみます。


有酸素運動の効果

下記の文章は江崎グリコのページの記載から引用しました。

有酸素運動というのは軽から中程度の負荷を継続的にかける運動のことです。
酸素を使って筋肉を動かします。
エネルギーである脂肪を燃焼させることから、有酸素運動と言います。
脂肪を消費するため、体脂肪の減少や高血圧などに効果が期待できます。
どんな運動が有酸素運動かということですが、体に貯蔵されている体脂肪を燃料とするため、長時間無理なく続けられる強度の運動が挙げられます。
代表的なスポーツは、水泳、ジョギング、ウォーキング、サイクリングなどです。

というふうに書かれています。

無酸素運動の効果

一方の無酸素運動です。

短い時間に大きな力を発揮する強度の高い運動を指します。
筋肉を動かすためのエネルギーを酸素を使わずに作り出すことから、無酸素運動と呼ばれています。
エネルギーの発生に酸素を必要とせず、糖をエネルギー源として利用します。
全力、もしくはそれに近い筋力を短時間で発揮しやすいのが特徴です。

どんな運動が無酸素運動かということですが、筋肉量を増やし基礎代謝を高める運動であり、短距離走や筋力トレーニング、ウェイトリフティングや投擲などの短時間かつ運動強度の高いものが当てはまります。

と、このように記載されています。
さて、この記載ですが、半分は正解で半分は間違いなのです。
江崎グリコの方に少し申し訳ないんですが、この辺りを解説をしていきます。

エネルギー代謝と持続時間の関係

上図のように、私たちが体を動かすのにエネルギーが必要になるわけですが、エネルギーを生み出す仕組みには3通りあります。
よく言われる有酸素というのは、酸素を使ってエネルギーを生み出すというものです。
ミトコンドリアというところに酸素が入って、そこでエネルギーが作られます。
右がその一つです。
真ん中に解糖系というのがあります。
糖分を利用してエネルギーを作り出します。
この時に乳酸ができてくるのです。
一番左はあまり見かけたことはないと思いますが、クレアチンリン酸というのを使ってエネルギーを作り出すものです。
上図で表すと、右に行くほど軽い運動、左に行くほどきつい運動、持続時間は右に行くほど長く、左に行くほど短いということです。
本当に瞬発力を要するようなものは、一番左のリン酸というものになります。
その中くらいの比較的きつい運動する時に、解糖系というのでエネルギーを作るということになります。

わかりやすくまとめると、軽い運動の場合は酸素を使ってエネルギーを作ることができます。
それがキツイ運動になると、酸素を使わない、酸素も使っているのですが、それだけだと追いつかない状態になるわけなのです。
急激に力を発揮する時に、それだと追い付かないので酸素を使わないエネルギー産生が増えるということです。
なので酸素を使ってないわけではないのです。
酸素も使っていますが、酸素を使わないエネルギー産生も増えるということなのです。
ですから有酸素運動、無酸素運動ときっちり別れるわけではないのです。

 

運動と脳の機能について詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ!

脳を鍛えるには運動しかない!

 

ネットで載っていた図を拝借してきたので、無酸素運動と有酸素運動と別れていますが、運動がきつくなってくると酸素を使わないエネルギー代謝が増える、そうすると血液中の乳酸が増えていきます。
皆様きつい運動をやって「筋肉がきついな」などと、なったことがあると思いますが、乳酸が増えるとどうなるかというと呼吸が荒くなります。
息が切れてきます。
これはなぜかというと、血液が酸性になると元に戻さなければいけないので、どんどん呼吸をして二酸化炭素を吐き出さないといけないのです。
それで呼吸が荒くなってきます。

加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングの場合は何が起こるかというと、血流が制限されますので、酸素の供給も制限されるわけなのです。
そうすると酸素が足りませんから、酸素を使わないエネルギー産生が増えます。
そうすると乳酸がどんどん増えてきます。
その乳酸が流れていけないので、どんどん溜まってくるわけなのです。
さらにすごいのが休憩中に効果が現れます。

筋トレは、少しインターバルを開けながら運動します。

加圧トレーニングの場合、20秒から30秒などインターバルを開けますが、その時も乳酸が流れていけないので、どんどん筋肉に乳酸がたまってきます。

そしてトレーニングが終わってベルトをはずすと、乳酸が全身にめぐるわけなのです。
そうすると全身の血液が酸性になります。
それを中和するために、二酸化炭素を吐き出さないといけないので、加圧トレーニングの場合はベルトを外した後に呼吸が荒くなるのです。
腕の場合はそれほどでもないですが、脚のきついトレーニングをやった後ベルトを外すと、ベルトを外す前よりも外した後の方が呼吸が荒くなります。
実際に意識して、体験していただくとわかると思います。
こういったことを繰り返すことによって、細胞の中のミトコンドリアが増えて、持久力が付いてくるというような メカニズムが考えられているわけです。
しかもそれがそんなにきつい負荷でなく、軽い運動なのに乳酸を溜め込むことによって、筋力も持久力もつき、ダイエットにも効果があるというのが、加圧トレーニングのすごいメカニズムなわけなのです。
こういったことがあまり巷で知られていないので、今回初めて若干専門的な事も含んでますが、解説させていただきました。

 

加圧トレーニングで無理なく短時間でダイエットできる記事をご覧になりたい方はこちらです。

たった4分!短時間でできる!HIIT加圧で脂肪燃焼しよう!

 

ブレインヘルスでは、加圧トレーニングを導入し、健康を保つ方法を学ぶことが出来ます。

『パーフェクト・ブレインヘルス』1Day体験セミナー&説明会

  【東大ドクターが開発した“真の健康法”】 『パーフェクト・ブレインヘルス』   1DAYセミナー体験会のお申し込みは今すぐどうぞ。  

▼ ▼ ▼ ▼