薬や手術では健康寿命は伸びない!?大事なのは食事と運動!【東大ドクター 森田敏宏先生が教える】

今日は薬や手術では健康寿命は伸びないという話をします。
近年、健康寿命というのが注目されるようになりました。
健康寿命とは、WHOが提唱した新しい指標で、平均寿命から、寝たきりや認知症など介護状態の期間を差し引いた期間、要するに人生の中で健康で元気に活動している期間になります。


平均寿命と健康寿命

日本人は平均寿命が延びたと言われていますが、男性の場合平均寿命が80.98年、それに対して健康寿命が72年です。
女性も平均寿命87年ですが、健康寿命は74.79年ということです。

男性の場合、平均寿命と健康寿命の開きが約9年です。
女性の場合は、なんと約12年ということです。

要するに、今や人生の終盤は、寝たきりや認知症、そこまでいかなくても誰かのお世話になって生きていくのです。
どのようにしたら解決できるかを、私の経験を踏まえて話をしていきましょう。

手術後に大事な食事と運動

かつて私は、心臓のカテーテル治療というのをやっていました。
動脈硬化で、狭くなった心臓の血管を広げる治療です。
流れが悪いと、患者さんは胸が苦しくなったりします。
少し動いただけで苦しくなったりするので、元気に動くことができません。
私は「治療を施せば、皆さん元気になり活動できるようになって、コレステロールや血糖値も改善するだろう」と思っていたのです。
ところが外来で経過を診ていると、改善していない人が多いのです。
そこでデータを取って調べてみました。
すると改善するどころか悪化している人もいて、平均を取ると全然改善していないということが分かりました。
なぜ改善しないのかを考察しますと、色々な理由が挙げられます。

一つは心臓病と知ったために、「あまり運動してはいけないのではないか、あるいは運動するのは不安だ」ということで、むしろ活動量が落ちてしまっているという可能性が考えられました。
また、コレステロールや血糖値を下げる薬を出しても、きちんと飲んでいない人もいるというような、いくつかの理由が挙げられました。
いずれにしても、患者さんは薬や手術では元気になっていないのです。
患者さん自身が、意識して食事や運動などの生活習慣を変えれば、結局健康寿命も伸ばすことが出来ます。

加圧トレーニングの様々な効果

私は患者さんを診察しながら「このままではいけない、なんとか体質を改善しないといけない」と考えて、導入したのが加圧トレーニングです。
加圧トレーニングをやれば、生活習慣病の患者さんの体質を改善できるだろうと、導入しました。
加圧トレーニングは、生活習慣病だけでなく、高齢者や体の弱った患者さんのリハビリにとても有効だということも分かりました。
さらに他の健康法も組み合わせていったところ、元気になる人が続出したのです。

また、私の講座にはダイエットの講座はありませんが、結果的にダイエットに成功する人が続出するようになりました。

まとめ

結論としては、病院に行って手術をしたり薬を貰っても、それだけでは健康にはなりません。
健康寿命を延ばして、最終的に死ぬまで元気で活動できるためには、やはり食事や運動が大切だということです。

食事や運動を気をつけていかないと、健康寿命を延ばすことは出来ません。

あくまで、病院というのは病気の治療をするところです。
病院に行っただけでは、健康になれないということが今回の結論になります。

関連する記事はこちら↓

体内時計をリセットしよう【東大ドクター森田敏宏先生が教える】

なぜ、簡単にダイエットができるのか?【東大ドクター 森田敏宏先生が教える】

 

ブレインヘルスでは、身体の機能を高め、健康寿命を伸ばす方法を学ぶことが出来ます。

『パーフェクト・ブレインヘルス』1Day体験セミナー&説明会

  【東大ドクターが開発した“真の健康法”】 『パーフェクト・ブレインヘルス』   1DAYセミナー体験会のお申し込みは今すぐどうぞ。  

▼ ▼ ▼ ▼