むくみや血流を改善する3つの方法

今日は、むくみや血流を改善する3つの方法という話をします。
血流が悪いと様々な症状が出てきます。
例えば冷え性、肩こり、むくみなど、こういった症状で、悩んでいる方も少なくないと思います。
私は元々心臓と血管、特に血管の専門家だったので、血流に関してはかなり詳しいので、どうすれば血流を良くできるかということを考えてみたいと思います。


むくみや血流を改善する方法① ジョギング

まず1番目は、ジョギングです。
いつもは健康のためとか、脳を活性化するという話をしてますが、実は血流が良くなります。
なぜかというと、走っているときというのは心臓から送り出される血液量が増えるからです。

どのぐらい増えるかというと、単純に考えていただければわかりますが、安静にしてるときに脈拍が一分間に60回ぐらいだったのが、走っているときはその倍の120とか、あるいはもっと早くなることもあります。

そうするとそれだけでも2倍の血液量ということになります。
実際は心臓の収縮がさらに強まりますので、もっとたくさんの血液が送り出されているわけなのです。
その血液がどこに行くかというと、主に足の筋肉に流れていくのです。

普段安静にしているときの、倍以上の血液が流れていくということになるのです。
そんなにたくさんの血液が流れることができるのかですが、血管の流れを決めるのは太い血管よりも細い血管なのです。

俗に言う毛細血管が、広がることによって流れやすくなるのです。
つまり、血流が良くなるということになります。
ですので足がむくみやすい人、運動不足とかあるいは入院などで、しばらく起き上がれない状態が続くと、循環が悪くなって足がむくみやすくなるのですが、その逆にこういうジョギングなどを定期的にしていると血流が良くなるので、むくみなどが改善します。

むくみや血流を改善する方法② コリをほぐす

2番目はコリをほぐすということです。
この筋肉が凝り固まった状態というのが、血流に関しては良くないのです。
どういうふうになってるかということを考える上で凝りではないのですが、筋肉が硬く固まる状態を考えてみたいと思います。
それは何かというと筋トレです。
筋トレをしているときというのは、あえて力を入れてるわけなのですがその時筋肉はどうなってるかと言いますと、筋肉の細胞同士が圧迫しあって血流が悪くなっているのです。
その筋肉中の酸素濃度というのを、測る装置があるのですが、そういったもので調べると、実は酸素の濃度が下がっている。
つまり十分血液が、届いてない状態になってるのです。

それに似たような状態、それに近いような状態がこの凝りということです。
ですからそういう筋肉が凝った状態というのは血流も良くないのです。
そこで対策としては、マッサージとかストレッチなどで筋肉を緩めたり、あとは自分で筋肉を緩める、リラックスさせるというのをある程度コツをつかむとできるようになるのですが、こういった対策をとって、筋肉の凝りをほぐすことができると、その分血流を良くすることができます。

むくみや血流を改善する方法③ 加圧トレーニング

3番目は、いつもおすすめしている加圧トレーニングで間違いなく血流を改善します。
なぜ加圧で血流が改善するかということですが、二つのメカニズムが考えられます。

まず一つ目は、加圧と常圧です。
圧を加えることを加圧と言いますが、また圧を抜くことを常圧と言うのですが、加圧と常圧を繰り返すと血流がどんどん良くなっていきます。
血流を調べた研究があるので間違いないのですが、なぜ血流が良くなるかといいますとまずその加圧した状態というのは、血流が制限されているのですが、それを解除した状態、常圧すると、血管を広げる物質が分泌されます。
それで血管が広がって血流が改善するというようなメカニズムがまず一つです。
もう一つは、加圧トレーニングを定期的にやっていると、深い部分の血流が良くなるのです。

実際体験された方はわかると思うのですが、加圧を定期的に行っていると、同じ圧をかけてもきつく感じなくなってくるのです。
どういうことかというと、加圧した状態、圧をかけた状態でもある程度血液が流れるようになるということです。

それはどういうことかということなのですが、ベルトは体の表面に巻きます。
表面から圧迫されるので、体の表面に近い血管の方が圧迫されて血流が制限されやすいのです。
それを補うために深いところの血管が広がることによって、流れを補ってあげるというようなメカニズムが働いていると考えられるわけなのです。
実際加圧を定期的にやっていると足のむくみなど改善するのですが、それもこういったメカニズムが関係してるというふうに考えられます。

まとめ

今回、ご紹介したむくみや血流を改善する3つの方法ですが、まず1番目がジョギングそして2番目が凝りをほぐすということです。
3番目この1、2がなくても、加圧トレーニングをやるだけで、十分血流が改善するのですが、加圧をやることができないという方は、この1、2だけでもやっていただくと、だいぶ違うと思いますので、ぜひ試していただければと思います。

 

東大ドクター 森田敏宏先生の『脳から健康になる7つの法則』プレゼント

痛くない!疲れない!
東大ドクター 森田敏宏先生の『東大式 最高の健康法』
『脳から健康になる7つの法則』(PDF版)を今なら無料プレゼント
お申し込みは今すぐこちらから!

▼ ▼ ▼ ▼