【東大ドクター森田敏宏先生が教える】あなたのやる気が出ない原因トップ5

やる気が出ない原因トップ5という話をします。
「なんとなく今日はやる気が出ない」「勉強や仕事が進まない」という経験を、誰しもしたことがあるのではないかと思います。
ではなぜやる気が出ないのかということです。
色々な原因がありますが、その原因を知ることによって対策を立てられますので、それを考えていきます。


やりたくないことをやっている

まず1番目です。
これは、やりたくないことをやっているというときです。
やりたくないことをやっているときは、やる気のホルモンと呼ばれるドーパミンの分泌が増えないのです。
やる気が出なくなり、効率が上がらなくなってしまいます。
また、このやりたくないことを、気づいている場合と気づいていない場合があるのです。

例えば気づいている場合はというと、満員電車です。
乗ると「やる気が上がる」という人はあまりいないでしょう。
誰も「いやだな」と思います。
また、自分が苦手な仕事や苦手な人とのコミュニケーションといったものは、やりたくないことに気づいている場合が多いです。

しかし、気づいていないこともあります。
例えば親の期待に答えて、一流大学に行って一流企業に就職したとします。
けれども、実は『自分がやりたいこと』ではなかったりするわけです。
それに気づいてないことがあります。

あるいは英語を習得したいと思っているのですが、実は心の底では、あまり望んでいないということもあります。
そういうときはなかなかやる気が出てきません。

その対策としては、どうすればいいかというと、『自分が本当にやりたいこと』や、『自分の心の底から、本当に望んでいること』をやるというのが一つです。
しかし例えばサラリーマンの人は、「やりたくない仕事もやらなければいけない」ということもあると思います。
そういう場合は、それを楽しくできるような工夫をする対策が有効です。

頭の中が混乱している

2番目ですが、頭の中が混乱しているという状態で、このような人も結構多いです。
人間は「頭の中であれこれ考える」のが苦手なので、それを続けているとどんどん混乱してしまいます。

やるべきことをうっかり忘れたり、やらなければいけないことを忘れて、どんどん先送りしてしまうわけなのです。
そうするとやらなければいけないことが、どんどん山積みになってしまい、混乱してしまうという人も結構多いです。

では、どのような対策をしたらいいかということですが、全て書き出します。
頭の中で考えようとするのが、混乱の原因ですので、全て書き出して「見える化」してください。
そして、やることリストをつくって、一つ一つこなしていくことが有効です。

もう少し踏み込んだ方法として「ブレインヘルス」では脳内断捨離術という方法を教えています。
ご興味のある方は受講していただければ、詳しいやり方を学ぶこともできます。

刺激が足りない

3番目は何かというと、刺激が足りないということです。
毎日同じ生活をしていると、だんだん刺激がなくなってきます。
いわゆるマンネリ化した状態になってしまいます。
人間というのは同じ刺激を受けても、だんだん反応が低下していくものです。
例えば筋トレですが、最初は「きついなぁ」と思っていたトレーニングも、慣れてくるとあまり効かなくなってくるのです。
もっと刺激を高めるためには、「重りを重くする」「違う種目のトレーニングをする」「違う刺激を加える」といったことが必要になってきます。
これは筋トレに限らず、仕事でも勉強でもすべて一緒です。
マンネリ化してやる気が出ない場合には、環境を変えてみたり、新しいことにチャレンジしてみるといった対策がおすすめです。

運動不足

原因の4番目は運動不足です。
運動をしていないことが、やる気と関わってきます。
運動をすると、やる気のホルモンであるドーパミンの分泌が増えるのです。

なぜかというと、ドーパミンが脳と心臓に作用するホルモンというのは、ほとんど一緒なのです。
昔は、「心は胸のところにある」と思われていたのは、脳が反応すると心臓も同じように連動して反応するからです。
緊張したり、不安になってドキドキするのは、脈拍が増えてドキドキします。
だから心というのは、胸にあると思われていました。
そのように脳と心臓というのは、密接な関係があります。
運動することにより、ドーパミンの分泌が増え、やる気が高まるということです。

やる気がないときは、気合いや根性でやる気を出そうとするのではなく、身体を動かしてみると、それだけでやる気がアップしますので、ぜひ試していただけたらと思います。

「ブレインヘルス」では朝軽く走る、ジョギングするのをお勧めしています。
それをやるだけで、脳が活性化してやる気が出てきます。
なんとなくやる気が出ないという人で、原因が見当たらない場合には、もしかしたら運動不足かもしれませんので、朝軽く走るというのを試していただけたらと思います。

疲労が溜まっている

5番目ですが、これは疲れです。
疲労がたまっているということもよくあります。
疲労や眠気は、意外と見落としがちなのですが、「やる気が出ない原因」になってきます。
しかもこのストレスや疲労が溜まっている人ほど、「自分が疲れている」「ストレスがたまっている」ことに気付かない傾向があります。

このような人は特に要注意ですので、とにかくやる気がでない、もし自分が疲れている場合は、気合で乗り切ろうとするのではなく「仮眠を取る」仮眠で足りないぐらい疲れているときは、「たっぷり睡眠をとる」ことを、試していただきたいです。
その後すっきりして、やる気が出るようならば、疲労が原因だったと考えていいと思います。

まとめ

以上まとめますと、やる気が出ない原因トップ5ですが、

  • 1番目が、やりたくないことをやっている
  • 2番目が、頭の中が混乱している状態
  • 3番目は、刺激が足りない状態
  • 4番目は、運動が足りない
  • 5番目は、疲れている状態

ということでお話しました。
これを参考にして、皆さんのやる気が出ない原因を突き止めて、常にやる気を出せるようにしていただけたらと思います。

 

 

ブレインヘルスでは、やる気を出すワークや情報を学ぶことが出来ます。