東大ドクターが教える!面倒くさいをなくす3つのコツ

今日は面倒くさいをなくす3つのコツという話をしたいと思います。

面倒くさいとというのは、なかなか進まない、先送りしてしまうと言う問題点があります。

皆さんも経験が少なからずあるのではないでしょうか?

これを、どうしたら解決できるかということを考えていきたいと思います。



面倒くさいと思う原因

まず面倒くさいの原因は何かということを考えてみましょう。

主な原因は二つあります。

嫌なこと、嫌いなこと

まず1つの原因は嫌なこととか嫌いなことです。

嫌なことや嫌いなことは、人間誰でもやりたくないわけです。

やりたがらない、面倒くさいと感じてしまいます。

工程数が多い

もう一つの原因は、工程数が多いことです。

工程数、ステップが多いと面倒くさいと感じてしまうということです。

例えば、朝ジョギングする時、準備をするのにどのような工程があるかというの考えてみたいと思います。

ランニング用の T シャツに着替える、ランニング用のジャージを履く、ポーチをつける、イヤホンを装着する、鍵をポーチに入れる、スマホを持つ、ランニングシューズを履く、こういった工程、ステップが必要になってきます。

意外とたくさんの工程があるのが分かります。

そうすると、脳は面倒くさいという風に感じてしまいます。

では、なぜめんどくさいと感じるのかということですが、これはワーキングメモリーが関係しています。

ワーキングメモリーというのは、頭の中でいくつかの項目をあれこれと、やりくりする能力のことです。

しかし、人間の脳は頭の中であれこれ考えるのが苦手なのです。

それで脳に負担がかかってしまう。

特にステップ数が多ければ多いほど、全部の工程をイメージできないので頭が混乱してしまうわけです。

それで面倒くさいと感じてしまうということになります。

対策①:ステップを減らす

その対策はどうしたらいいかということなんですが、まずステップ数を減らすということです。

ステップが多ければ多いほど、面倒くさいと感じますから、なるべくステップ数を減らしてあげたほうがいいわけです。

先ほどのジョギングの例で言えば、例えば T シャツやジャージを着たまま寝て、朝起きたらすぐ行けるようにするとか、ポーチとかイヤホン等の小物をあちこちに置いてあると、集めるのが面倒くさくなるので、玄関の所にまとめて置いておいて、すぐに装着できるようにする、といった工夫をすると面倒くささを減らすことができます。

対策②:見える化する

もうひとつの対策は何かと言うと、見える化するということです。

頭の中で考えるから混乱するわけなので、見える化してあげればいいわけです。

要するに書き出す、紙に書き出したり、スマホのメモ帳やパソコンのメモ帳等に書き出して、チェックリストを作ってあげるという方法も有効です。

そうすると、先ほどのランニングの工程、ステップが見える化されて、一つ一つチェックしていけば抜けがないですし自分の頭であれこれ考える必要がなくなるので、脳の負担が減って楽になります。

私の場合、よく使うのはチェックリストです。

出張の荷物の準備などに活用しています。

出張の時の荷物というのはほとんど決まっています。

そのリストを作っておいて、一つ一つチェックして準備していけば抜けがなくなるのです。

準備するのも、余分な負担ががかからなくなるので、すごく楽にこなすことができます。

対策③:習慣を改善する

3つ目はコツというよりも、面倒くさいを逆手にとって習慣を改善する、というテクニックになります。

どういうことかと言うと、やったほうがいいこと、例えば、先ほどのジョギングのように習慣化した方がいいようなことはなるべく面倒くさくないようにした方が良いです。

ステップ数を減らし、見える化することによってなるべく面倒くさくないようにするのです。

逆にやらない方が良いことというのもあります。

お酒を飲みすぎるとか甘いものを食べ過ぎてしまう、というのはなるべく減らした方がいいですね。

その対策として、わざと面倒くさくするということです。

例えばお酒を飲みすぎている人は、冷蔵庫にたくさんビールが入っていたらつい飲んでしまうわけです。

甘いものを食べ過ぎる人はまとめ買いをしたら、つい食べ過ぎてしまうわけです。

ですから、あんまりまとめて買ってこない、なるべく家に置いておかないようにして、できればコンビニとかスーパーが近くになくすることで、面倒くさくなるのです。

買いに行くのが面倒くさい、その方が食べ過ぎない、飲み過ぎないですむということになります。

しかい、それでも迷うときがあります。

もうちょっと買ってこようかなとか迷う時があると思いますが、そういう時は面倒くさいからいいやというふうに思うようにしましょう。

どちらか迷った時、もう面倒くさいからいいや、という風に意図的に面倒くさいと思うようにしたほうがいいです。

行った方が良い習慣の時は、面倒くさいと思わないほうがいいのですが、やらない方がいい習慣の時は、わざと面倒くさいと思うようにするということです。

まとめ

まとめますと、面倒くさいことの原因というのは嫌なことや嫌いなこと、そしてステップ数が多いということが原因でした。

面倒くさいと感じるのは、ワーキングメモリー、脳に負担がかかっていることが原因で、その負担を減らすためにステップ数を減らしてあげる、あるいは見える化するということが有効ですという話をしました。

そしてこれを面倒くさいという脳の反応を逆手にとって、やらなくて良いことはわざと面倒くさくしましょう。

もし、迷った時は面倒くさいなと思うようにすることでしなくていいことをしないようにしましょう。