東大ドクターが教える!悩みや不安を消す技術!

今日は悩みや不安を消す技術という話をしたいと思います。

悩みや不安を抱えているという人も少なくないと思います。

その悩みとか不安のために夜も眠れないと、そのような人もいるのではないでしょうか。

夜も眠れないと言っても,全く眠れないということはないと思いますが、不安のために熟睡できないとか夜中に目が覚めてしまうなどということもあると思います。

では、すればその悩みや不安を消せるか、あるいはその影響を少なくできるかということを考えてみたいと思います。


悩みや不安を消す技術:正しい知識を持つ

一番目は正しい知識を持つということです。

正しい知識がないと不安になります。

人間っていうのは先が見えないと不安になります。

例えば、今の時期だと、咳が出たということで、「コロナなんじゃないか」という風に思い込んで不安になったり、立ちくらみがしたら、「貧血か」とか、「もしかして白血病なんじゃないか」という風に思い込んで不安になってしまうかもしれません。

これが正しい知識がないということですね。

例えば白血病の正しい知識があれば不安になりません。

もし白血病だと思ったら血液検査をすればすぐに分かります。

異常がなければまず大丈夫です。

このような正しい知識を持つこと、特にこういう病気などに関することは正しい知識があればそれだけで不安を解消できることがあります。

これは病気に限らず他のジャンルでも全て同じだと思います。

なんだか分からない、理由が分からない、どうやって解決できるかも分からないということで、どんどん不安が増強してしまうわけです。

ですので正しい知識を持つということが最初のポイントになります。

悩みや不安を消す技術:不安の先を考える

2番目は不安の先を考えるということです。

やはり先が見えない、分からないということが不安の大きな原因になるわけですね。

例えば老後の不安というのを抱えてる人が多いです。

老後のお金が足りないんじゃないかということです。

定年退職後もアルバイトなどをしても、これではお金が足りないんじゃないかと、不安に思う人は少なくないと思います。

このようなお金に関する不安というのは尽きないと思います。

お金を全く使わずに生活していくっていうのは、実際上不可能です。

お金を使わなければいけないので、足りなくなったらどうしようかという不安になると思います。

そこで、その先を考えてみるわけですね。

仮に、本当にもうお金がないという状態になったらどうかということですけれども、最悪の場合、日本には生活保護制度というのがあります。

ちょっと世間体が悪いという風に思う方が多いと思いますけれども、そういうのを気にしなければ国に保護してもらって、お金の心配をせずに生きていくことも可能なわけです。

このように先を考える、先を読んでみるということです。

そうすると、自分が不安に思っている事も、実はなんとかなることが多いということがわかります。

これより先、あるいはその先の先を考えるということが2番目のポイントになります。

悩みや不安を消す技術:あえて不安な方向に進む

3番目はあえて不安な方向に進むということです。

これは私のセミナーなどでいつも伝えていることですが、私たちは常になんらかの判断や選択を迫られているわけです。

AとBのどちらか一つ選ばなければいけないと、そのような判断を常に迫られてるわけなんですが、そこであえて不安に感じる方を選ぶということです。

なぜかと言うと、私たちの脳は安心安全を望んでいます。

ですから、新しいこと、未知なことに対して、不安に感じます。

現状に留まっていた方が安心なわけです。

しかし、現状で何か悩みがあって、それを改善したいということであれば、あえてその不安に感じる方を選んだ方がいいわけです。

そうすると、現状が変わって良い方向に進んでいくことが多いです。

最初はとても不安に感じるんですけれども、やっていて成果が出てくると、それほど気にならなくなって、そういう不安自体が不安でなくなっていきます。

自分がどっちを、AとBどちらかを選んで決断しなければいけない時に、どちらをより不安に感じてるかということですね。

何か、新しいことをやろうとする時に、誰でも不安に感じると思いますが、不安に感じたらあえてそちらに進んでいくというのをやっていただくといいと思います。

ブレインヘルスでは、より深く悩みや不安を解消する技術を学ぶことが出来ます。