【ブレインヘルス】ガンを超早期に発見する方法

皆さんは“ガン”について
どれくらいご存じでしょうか?

「国立がん研究センター」によると
日本人の2人に1人は一生の内に
何らかのガンに罹るそうです。

  • ガンに罹ってしまうと
  • これからどうなるのだろう?
  • 治るのかな?
  • 再発は?

などなど、色々な心配が出てきます。

ガンは早期に発見して治療するのが
良いことは明らかですね。

実は、先日、あるセミナーで血液1滴で、
ガンを超早期に発見する方法
という話を聞きました。

早期でなく、超早期と書いているところに
ご注目ください。

これまでの診断方法では、直径10ミリ程度の
大きさのガンなら発見可能でした。

しかし、この超早期発見方法では、
わずか1ミリ程度のガンでも、
体内にガンがあるかどうかを判定できるのです。

 

しかも、大変な検査も必要なく、
血液1滴だけで判定可能です。

とても画期的で、素晴らしい方法です。

しかし、ここで問題になるのは、この検査を受けて、
体内にガンがあると分かった場合に
どうすればよいかということです。

従来の検査よりも精度が高いがゆえに、
ガンがどの部位にあるのかを
特定できない可能性があります。

どこにあるか特定できなければ、
免疫力を高めたり、定期的に検査を受けて、
ガンが育ってきたら早めに処置をするしかない
ということになってしまいます。

結局のところ、ガンが発見されてもされなくても、
普段から健康レベルを上げておく必要があるわけです。

ですから、私が提唱している健康法を
実践していくのがオススメということになります。
よろしければ動画もご覧ください。

↓↓↓