東大ドクター森田敏宏先生が教える『お金が儲かる打ち出の小槌』

今日はお金が儲かる打ち出の小槌という話をします。



私がタクシーを利用する理由

私はいつも移動の時にタクシーを利用します。
特に都内で移動する時は、電車をほとんど使わずにタクシーを利用します。
それでタクシーから降りる時に、運転手さんに「ありがとうございました」とお礼を言います。
これも習慣になっていて、よほどひどい運転手ではない限り99%は必ずお礼を言うようにしています。

元々なぜタクシーに乗るかというと、お金で時間を買うからです。
電車に乗るよりもゆったりできますし、移動時間を有効に活用することができるからです。
スマホでメールをチェックしたり、電話をしたりすることもできますし、場合によるとパソコンで作業することもできます。
そのように移動時間を有効に使うことができます。

密集した電車の中よりも、コロナの感染の心配もないので色々なメリットがあります。
しかし、もしタクシーが来なかったら時間を有効に使えなくなります。
乗せてもらえることはありがたいことなのです。
なのでお礼を言っています。
ただ「ありがとうございました」と私が言っても、反応する運転手さんはほとんどいないというのが現状です。
ルーティーンワークというか、普段仕事に慣れきってしまうと、乗せてあげているような感覚になっている人も多いらしいです。

本当は私がお客さんですから、お客のほうが礼を言うのではなく運転手側がお礼を言うというのが普通だと思うのですが、ほとんど反応をする人がいないのです。

現代の打ち出の小槌とは

ところが、先日まったく違う状況が起きました。
ある出張先でタクシーの運転手さんを、ほとんど専属の運転手のように使わせていただきました。

翌日以降も何箇所か長距離の移動が必要だったので、「明日も来てもらえませんか」みたいな話をしたのです。

運転手さんとしては、コロナでお客が減って困っていたところに確実に収入が入るのです。

やはりタクシーを利用する人が減っていて、非常に厳しいところラッキーであったわけです。

私の方は時間が有効に使えます。

一応初対面でありますが、2回目以降はどういう相手かわかっていますから一応安全に運転してくれて、自分の指示したところに行ってくれたり、途中でコンビニによってくださいとか、色々注文もしやすいのです。
そういうことでwin-win の関係が築けたのです。

私はタクシーから降りるときに「ありがとうございました」というと、その運転手さんは、「こちらこそありがとうございました、助かりました」とお礼を言ってくれたのです。
こういう感謝することに対する、「閾値」(いきち)、英語だと threshold と言いますけど、「閾値」、「しきい値」と言うのですが、それが高くなってしまっている人が多いと思うのです。

良いことをすれば良いことが返ってくる

本当は1円でもお金もらったらありがたいことなので、お礼を言ったほうがいいわけです。
ほんの少しでも何かサービスをしてもらったら、やはりそれに対してもお礼を言った方がいいのです。
そういうところに対する感覚が、麻痺してしまっている人が多いのではないかと思います。

私の場合、自分が客の立場であっても感謝の意を表したり、あるいは頼みごとがあれば頭を下げるということを普段からやっています。

例えば不動産会社です。
客付けと言って入居者を探してもらう、紹介してもらうことを依頼するのです。
本来はこちらが客です。

その会社にお金を払うわけですから、高飛車な態度を取ってもいいのですが、そうすると相手も嫌がります。
そうではなくて「よろしくお願いします」と低姿勢で頭を下げるのです。
これも意外とやらない人が多いです。

なぜかというとプライドが許さないらしいのです。
頭を下げられないという人も多いのですが、「頭を下げるだけでお金が入るとは、なんてラッキーなんだろう」「こんな楽なことだったら、どんどん頭を下げた方がいいではないか」というふうに発想を変えた方がいいと思います。

頭を下げれば下げるほどお金が入って来る

まさにこれが私が言っている打ち出の小槌なのです。
頭を振れば振るほどお金が入ってくるということなので、どんどん下げた方がいいのです。
それと同じように感謝の意を表すということも、同じような共通点があると思いますが、そういったことを積み重ねていると自然とお金が増えていくということにつながっていきます。

これらを少し参考にして、普段の習慣や相手へのお願いの仕方、感謝の表し方を、工夫されるといいのではないかなと思います。

 

ブレインヘルスでは、普段の習慣や感謝の表現により収入がアップする方法を学ぶことが出来ます。