東大ドクター直伝!一瞬で集中力を高める方法!

今回は、『一瞬で集中力を高める方法』という話をしたいと思います。

・集中力が足りない

・もっと集中力をつけたい

と思っている人が少なくないと思います。

集中力があれば勉強も仕事も効率よくできます。

集中力があれば、勉強をして成績が上がり、志望校に合格したり、仕事も業績がアップしたり収入アップに繋がっていくわけです。

集中力を高めて成果を上げたいという人にオススメな『一瞬で集中力が高まる方法』をお伝えしたいと思います。



一瞬で集中力を高める方法

『一瞬で集中力が高まる方法』なんてあるのかと、思う方も多いと思います。

実は、一瞬で集中力を高める方法はあります。

締め切りを利用するという方法です。

皆さんも経験があると思いますが、例えば、夏休みの宿題です。

8月の半ばぐらいまで、ずっとほったらかしだった夏休みの宿題を、最後の一週間で一気に終わらせてしまった。ということです。

8月の半ばまではもうダラダラして、全く集中力がなかったのに、最後の一週間から10日、そこだけはものすごい集中力を発揮できた、そういう経験があるのではないでしょうか。

まさに、これが締め切り効果です。

締め切りが迫ると、俄然、集中力が高まります

この効果をうまく利用して、集中力を高めるということです。

締め切り効果を使って集中力を高める

夏休みの宿題以外にも、事例があります。

例えば、セミナーを開催すると言う時の話です。

「まだ準備ができてないから開催できません」と言う人がいたとします。

私が教えている人でも、このように言う人がいます。

こういう時は、先に日程を決めてしまうのがポイントです。

これが、『締め切り』になるわけです。

日程を決め、締め切りを決めると意識が切り替わって、それに間に合うように準備を始めます。

やってみると分かりますが、ガラっと意識が変わります。
集中力が高まります。

スポーツなども同様です。

マラソン大会に出場したいけど「まだ体力に自信がないです」「走れるようになったら出たいです」という人がいますが、エントリーしてしまうと変わります。

日程が決まったら、それに向けて準備するようになり、そこで意識が変わるので目標を達成できます。

私が、この締め切り効果を応用して、どういうことをしてるかと言うと、セミナーのスライド準備です。

セミナーでスライドを使いますが、以前はかなり早めに準備をしていました。

毎日ちょっとずつ準備をしていましたが、最近はそのやり方を変えました。

より効率を良くするために、ギリギリまでやらないようにしました。

この方が、トータルの時間を節約できます。

なぜかと言うと、早めに始めると、余分なことに時間を使ってしまいます。

トータルで見ると余計な時間が増えてしまうのです。

時間があると思うとダラダラしてしまう

この「余計な時間」を使ってしまうと言うことについては『パーキンソンの法則』というものがあります。

仕事の量は、『完成のために与えられた時間を全て満たすまで膨張する』という法則です。

つまり、時間に余裕があると、ダラダラと余計なことをしてしまうということです。

しかし、締め切りが迫っていると、余計なことをする余裕が無くなるので、無駄なことをしないで短時間で効率よくできるわけです。

この法則があるので、最近、スライドの準備などもギリギリにやる。というやり方をするようにしています。

皆さんも、こういった締め切り効果を上手く応用して使うことで、集中力を高めたり、時間を効率よく使うことができると思います。

集中力を高める際の大事なポイントについては、こちらの記事がオススメです。

集中力を高める方法!注意すべきは食事、運動、時間帯?

ブレインヘルスでは、集中力を高める方法、効率良く時間を使う方法を学ぶことが出来ます。

東大ドクター 森田敏宏先生の『脳から健康になる7つの法則』プレゼント

痛くない!疲れない!
東大ドクター 森田敏宏先生の『東大式 最高の健康法』
『脳から健康になる7つの法則』(PDF版)を今なら無料プレゼント
お申し込みは今すぐこちらから!

▼ ▼ ▼ ▼