仕事を作り出そう!【東大ドクター 森田敏宏】

仕事を作り出そうという話をしたいと思います。
収入がなかなか上がらないという人が結構多いのですが、そういった人の特徴として、ネットで検索したり、求人誌を見たりして既存の仕事を探すだけです。
そうするとやれる仕事というのは限られてきますし、収入もあまり多くはないのです。
そうではなく、自分で仕事を創り出すことができるという話をしたいと思います。



苦労しているときにチャンスはある

私自身の体験談ですが東大病院ではなく、心臓の専門の病院で3年間ほど研修を受けてから大学に戻ってきました。

当時の東大病院はカテーテルの件数が非常に少なくて、ほとんど週一で出来るか出来ないかという状態でした。
私としてはもっとたくさんカテーテルを経験して早く上達したかったのですが、その状況では上手くならなかったのです。

ところで医者のキャリアというのは少し変わっているのですが、一旦医者になった後にまた大学院に入るというケースが結構あります。

当時の私の立場は大学院生だったので、東大病院から給料がもらえません。
つまりカテーテルもしたいが東大では件数が少ないので、その他にアルバイトをしないと生活できない状況でした。

そこで私の師匠が他の病院にカテーテルの指導に行っていたので、その病院を紹介してもらい、そこでカテーテルをやるアルバイトをさせてもらいました。

そうすると自分はカテーテルの件数もこなすことが出来るし、収入も得られるので一石二鳥です。
そういうことをしばらくの間行っていました。

ある意味未熟な状態で他の病院に行くのですから、かなり一生懸命やらないと相手の病院に迷惑をかけてしまいますので、その辺りは自分なりにかなり頑張りましたが、それである程度を評価してもらい、そんなに多い収入ではありませんがアルバイト料をいただきました。
お金ももらいつつ、カテーテル経験も積むことができたということを若い時代にやっていました。

どうしたら便利になるか考える

他にも色々な工夫をしてきたのですが、次の例は私が東大病院で外来をしていた時期でした。
私の場合週1コマしか外来をやっていなかったのですが、外来1コマ以外はカテーテル手術を毎日のようにやっていまして、外来が混んできてどうしようかなということで、また考えました。

1コマというのは、午前中とか午後というのを1コマとするのですが、もう1コマ増やしたとしても混雑は緩和されますが、別に収入は変わらないのです。
そこでどうしたかというと、御茶ノ水の方にある病院にOBの先生がいたので、「外来をやらせてくれないか」「今診ている患者さんも少しそちらに移ってもらうことができる」と交渉して、外来をやらせてもらうことになりました。
当然給料ももらえて、東大病院の外来の混雑も緩和できました。
もともとあった仕事を探したわけではなくて、「こういうことが可能なのではないか」と目をつけて話をしてみただけです。
いつも私が、「とりあえず聞いてみよう」と言っているのですが、とりあえず聞いてみたらそれがうまくいったという一例になります。

困っている人の役に立つ

他にもいろいろありますが、今からもう10年以上前、当時病院で医師不足のためドクターが一斉に引き上げてしまうことが、全国で起きていた時期がありました。
ある病院でやはり循環器の医師がいなくなって困っていると、東大病院の医師に「当直をしてくれないか」という依頼が来たのです。
私も何回かそこにアルバイトに行っていました。

1年くらい続けたのですが、常勤のドクターが見つからないままだと、みんなでこのままずっと交代交代の当直をすることになります。

それでは良くないということで、病院長に直談判しました。

当直だけしているよりも「私がアドバイザーとして循環器のドクターを探したり、立ち上げに協力します」と提案をしたのです。
院長先生もOKをしてくれまして、そこから私は当直だけではなく、アドバイザーという立場で活動することでアドバイザー料もいただけるようになったのです。
その結果、常勤が見つかり循環器内科が再開出来て、私も収アップにつながりました。
このように少し工夫すると、新しい仕事を作り出すことが出来ます。

私が、今現在やっている集中力アップや、健康レベルアップというのも、もともとなかった仕事を新しく作り出したのです。
最初は大変でしたが、徐々に軌道に乗ってきたのです。

私の例が決して特殊なわけではなく、色々なところに着目して、工夫していけば新しい仕事を作り出すことができて、収入アップに繋がっていきますので、ぜひこういうことを参考にしていただければと思います。

 

ブレインヘルスでは、工夫する脳を育てるワークをすることが出来ます。