東大ドクターが教える!なりたい自分になる方法

今回の記事では、なりたい自分になる方法という話をしたいと思います。

さて、会社で出世したいとか、あの人のようになりたいという風に思っている人も少なくないと思います。

では、どうすればなれるかということですね。

よくある方法は、目標を設定したりとか、あるいは目指してる状態になった姿をイメージするとか、いろんな方法があるかと思います。

今回はそれらとちょっと違った方法をご紹介したいと思います。



なりたい自分になる方法

先日、無名の男がたった7年で270億円手に入れた物語というタイトルの本を読みました。

これは、「りらくる」と言う簡単に言えばマッサージ、マッサージのお店を7年間で300店舗まで増やして、その会社の株を売却することによって270億円を手に入れたというこの「りらくる」の創業者の竹之内さんという方が書かれた本です。

この中で竹内さんが話してるんですが、なりたい自分になるためにはなりたい人と同じように振る舞うんだということです。

では、具体的にどういうことなのかということで、まず竹之内さんの経験談についてお話したいと思います。

竹内さんはこの「りらくる」を創業する前は美容師として働いていたそうです。

美容師というのは最初はいわゆる見習い、アシスタントということでスタイリスト、カットをする人のサポートする役目をします。

普通はアシスタントの人というのはアシスタントの仕事しかしないわけですが、竹之内さんはそうではなかったんですね。

アシスタント時代からスタイリストのように振る舞う、自分がスタイリストであるかのように振る舞ったそうです。

例えば、お客さんの髪型についてアドバイスしたりとか、あたかも自分がスタイリストであるかのように振る舞ったそうです。

その結果、短期間でスタイリストになることができ、しかもスタイリストになる前から、カットの予約が殺到したそうです。

さらに、その後、スタイリストになった後は、店長のように振る舞ったそうです。

会議でも積極的に会社の経営改善に関わるような発言をしたりとか、店長のように振る舞ったということです。

そうしたところ、最短で確か1年半で店長に昇格できたそうです。

このように自分がなりたい人のように振る舞うということですね。

チーフのように振舞っていた

私も同じような経験があります。

私の場合は35歳で心臓カテーテルのチーフになりましたが、実はその前から自分がチーフであるかのように振る舞っていました。

なぜ、そういうことをしていたのかということなんですが、理由は二つあります。

まず一つ目は、自分がやることに責任を持つということです。

やはり患者さんの命が関わってますから、自分が若手だとかそういうこと関係ないわけです。

自分がやるからには責任を持つということで、自分がチーフであるかのように振る舞っていました。

あと、もう一つは昔読んだ本、中谷彰宏さんという方の本の中にこのようなことが書いてありました。

社長になりたければ、ヒラのサラリーマンの時から自分が社長のつもりで行動した方がいいですよ。と、このようなことが書いてあったんですね。

これがヒントになって、あたかも自分がチーフであるかのように振る舞っていたわけです。

その結果、色々なことが起きました。

まず業者です。

医療器具の業者さんが、若手ドクターだったにも関わらず、何故かよく言い寄ってきました。

「うちの製品先生使って下さい」とかよく言われました。

また、結果的に早くチーフになることができたわけですね。

これは竹之内さんの経験、やり方と共通するところがあります。

まとめ

色々な業種があると思いますけれども、自分が早く出世したいと思っている人は、自分の今の役職のことだけではなくて、その自分が目指してるポジションの人と同じように振る舞うのが大事と言うことです。

もし社長になりたいのであれば、自分が社長だったらどうするかっていうことをいつも考えて行動すると、早く社長になれると思います。

自分がなりたい人と同じように振る舞うというやり方、これは是非試していただければと思います。

ブレインヘルスでは、あなたが望む自分を手に入れることが出来るようになります。

ぜひ!勉強会にご参加ください!